週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

フォトレタッチ機能も改善

Windows 10「フォト」アプリが大きく進化、手書きの過程を動画で保存できる

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

最新の「フォト」アプリ。画面はライトモードだが、黒配色のダークモードに切り替えることも可能

監視報告
「フォト」アプリが大きく進化、手書きの過程を動画で保存できる

 「Microsoft フォト」アプリもバージョンアップしている。写真に手書きで書き込んだ過程をMP4形式の動画として保存し、共有できるようになった。MP4形式はスマートフォンでも再生可能。

画像を開いて編集する。その後、「ビデオとして共有」をクリックすると、描画した手順を動画として保存できる

メールで届いたファイルを再生したところ

動画を開き、右上のメニューから「スローモーションビデオの作成」をクリック

 少し前のバージョンからだが、動画にも手書きできるうえ、一部のシーンをスローモーションにできる機能も搭載している。もし、しばらく「フォト」アプリを起動していないなら、触ってみることをお勧めする。色々とできることが増えており、手持ちの画像や動画素材を面白く仕立てられる。いい感じにできたら、友だちと共有しよう。

青いマークの部分がスローモーションになる。スピードは上部のゲージで調整できる

フォトレタッチ機能も改善されており、手軽に写真をいい感じに仕上げられる

 ただし、ピントを合わせる部分を指定してその他をぼかす「フォーカス」や、色味を調整できる「カラーブースト」など、いくつかの機能が削除されており、ちょっと残念。レタッチ機能はぜひ復活させて欲しいところだ。


これでズバッと解決!

 UIが使いやすくなっただけでなく、写真に描画した手順をムービーに保存できるようになった


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう