週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ASCII編集部ゆうこばがオススメ

使い放題系格安SIMの新定番! 専用設備で快適な「U-mobile PREMIUM」

2016年07月13日 11時00分更新

通常プラントは別回線を利用した使い放題プランの実力とは!?

 格安スマホや格安SIMのおかげで、「SIM」という言葉が、一般的になってきました。さまざまな事業者の格安SIMが登場していますが、中には「種類が多いのはいいけれど、結局自分にあったSIMはどれなのか」と悩んでいる方もいるはず。

 そこで、アスキーでモバイル関連記事を担当する私、ゆうこばが夏に買いたいイチオシの格安SIMをご紹介。夏休みなどで時間が余ってしまうという人はもちろん、ふだん使いにもオススメな製品です。

ほかとは違う? 使い放題プランがうれしい「U-mobile PREMIUM」

橋本環奈さんが目印のおなじみU-mobile

 今回オススメするのは、今年7月1日から始まった「U-mobile PREMIUM」。U-mobileと言えば、動画配信サービスを運営する「U-NEXT」が提供するMVNO。定番な3GB/月、5GB/月プランなどはもちろん、これまでも(常識的な利用の範囲内であれば)データ通信量に制限のない使い放題プランを提供してきました。

 U-mobile PREMIUMもLTE使い放題のプランなわけですが、では、一体旧プランと何が違うのか? それは使用している設備が通常サービスとは違い、同じくMVNO事業も展開するIIJ社のものを使っている点です。

 旧プランも新しいPREMIUMも、ドコモのLTE回線を使っていることに変わりありませんが、新しいPREMIUMはIIJ社の設備を使うことによって、使い放題の通信品質を向上させたということですね。これによって、今出ている使い放題プランの中でも、かなり高品質なプランが実現しています。

プラン名 月額料金
(税抜き)
通信容量 備考
U-mobile PREMIUM
通話プラスプラン
2980円 無制限 SMS機能付き
U-mobile PREMIUM
データ専用プラン
2480円 無制限 +150円でSMS機能を追加可能
U-mobile
通話プラスプラン 3GB
1580円 3GB/月 SMS機能付き
U-mobile
通話プラスプラン 5GB
1980円 5GB/月 SMS機能付き
U-mobile
通話プラスプラン LTE使い放題
2980円 無制限 ※新規申し込みを終了
U-mobile
通話プラスプラン LTE使い放題2
2730円 無制限 ※新規申し込みを終了
U-mobile
データ専用プラン 1GB
790円 1GB/月 +150円でSMS機能を追加可能
U-mobile
データ専用プラン 5GB
1480円 5GB/月 +150円でSMS機能を追加可能
U-mobile
データ専用プラン LTE使い放題
2480円 無制限 ※新規申し込みを終了

 PREMIUMの料金に関しては、既に新規申し込みが終了している旧プラン「LTE使い放題」の月額料金と同じです。なお、データ専用の場合は最低利用期間なし。通話プラスの場合は利用期間に応じた最大1万2000円の解約事務手数料が発生します(13ヵ月目以降は無料)。

台紙もしっとりした紙質でどことなくプレミアム感が漂っている

Androidの場合はAPN直打ち、iOSの場合は公式サイトから提供されている「構成プロファイル」のインストールが必要。ただし、通常版U-mobileの設定とは異なるので注意

実際に使って通常回線との違いを実感!

実際に使ってみました

 使い放題プランのよくある懸念事項としては、「本当に使えるレベルの速度が出るのか?」という点があります。もちろん、通信はナマモノ。同時に利用しているユーザーの数や電波状況などで、リアルタイムに速度は変わってきます。

 試しに平日15〜16時ごろに飯田橋で、Speedtest.netアプリでサーバーを同一のものに固定し数回計測してみたところ、下り(ダウンロード)の速度は11〜15Mbpsほどをマーク。上り(アップロード)も8〜9Mbpsほどで、ウェブやTwitterなどはもちろん、YouTubeのストリーミング動画などを観てもとくに止まることもなく、問題ありませんでした。

試したSIM Ping値(平均値) 下り速度(平均値) 上り速度(平均値)
U-mobile PREMIUM 40ms 14.29Mbps 9.19Mbps
U-mobile(5GB) 49ms 2.47Mbps 8.05Mbps
【参考】ドコモ(spモード) 34ms 37.61Mbps 18.85Mbps

 同タイミングで計測した通常版のU-mobileのSIMと参考までに計測したドコモのspモード契約のSIMと比べてみると、さすがにキャリアほどの速度は出ないものの、通常版と比べるとかなり早い速度が出ているのがわかります。

LINE MusicやGoogle Play Musicなど
定額音楽配信サービスとの組み合わせにピッタリ

 自分が使い放題プランを推す最大の理由は2つ。ひとつは、やはり「ストレスが少ない」という点。

 自分も数社の格安SIMを使ってきましたが、やはり残りのデータ使用量を気にしながら使うのはストレスです。加えて、よく「アプリを更新したら遅くなった!」や「YouTubeを見てたら遅(略)」など、初心者あるあるも使い放題プランなら回避できるので、初めて格安SIMを使う人で予算に余裕がある場合には、とくにオススメしています。

音楽定額配信サービスとの組み合わせが個人的にオススメ

 2点目は、自分自身が定額音楽配信サービスを使っているという点。LINE Music、AWA、Apple Music、Google Play Music、Amazonプライム・ミュージックなど、さまざまな音楽定額配信サービスがあります。どれも外出先で使う際は、家などで端末内に一旦保存してから、聞くのが一般的ですが、これはやや面倒。

 ちなみに、自分が使っているGoogle Play Musicで1時間ちょっと(14曲)連続で曲を聴いてみたところ、約89MBほど消費していました。たとえば片道1時間の通勤で平日勤務で働いている場合、単純に計算して89MB×2(往復)×20日(平日×4週)=約3560MB/月=約3.56GB/月となりますので、3GBプランだったら音楽サービスだけで遅くなってしまうことになります。

 使い放題プランならばそのあたりは気にすること無く、利用できるので便利。好きな曲はもちろんダウンロードしておけばよいのですが、いままで聞いたことが無かった曲、サービスにオススメされた曲なども気軽に楽しめるわけです。

 格安SIMを初めて使ってみようかと、検討している方はもちろんですが、このようにラジオ感覚で音楽配信サービスを使おうと思っている方も、ぜひU-mobile PREMIUMをチェックしてみてはいかがでしょう。

編集部 ゆうこば

 アスキー編集部のモバイル担当。リスキー編集局員も兼任。メイン端末は歴代Xperiaで、デザインやカメラ性能で端末を選ぶ。また、傘をささないポリシーとよく財布を家によく忘れるので、防水性能とおサイフケータイ機能もなくてはならない存在。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう