週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

得意なことをやり取りできるマーケット「ココナラ」を体験してみた

2016年06月29日 06時30分更新

 「ココナラ」は、自分のスキルや経験を売買できるマーケットサービスだ。ワンコインから利用でき、イラストや文書、画像を作成したり、占いをするといったスキルを商品に、多数のやり取りが行われている。そこで今回は、人の得意なことをやり取りできるマーケット「ココナラ」を体験してみた。

写真を送って、筆者のイラストを描いてもらった!

coconala(ココナラ)
プラットホーム ウェブ、アプリ 企業名 株式会社ココナラ
代表 南章行 設立 2012年1月
取引形態 CtoC 利用料金 無料、500円~

匿名でも利用できる手軽なオンラインマーケット

 「ココナラ」はユーザーの知識やスキルを売買できるマーケットサービス。基本的には、ネット上でのやりとりですべてが完了し、ユーザーがリアルで出会うことはない。以前紹介した「ANYTIMES」第4回参照)が、実際に対面してサービスをやりとりしていたのとは対照的だ。いわゆる「シェアリングエコノミー」の一種と言ってもいいだろう。

 利用にあたっては、iOSとAndroidアプリがリリースされており、ウェブブラウザ上からでもOK。2012年にスタートしたサービスで、2015年11月には登録ユーザー数20万人、累計取引成立数33万件となるまでに成長し、4回目の資金調達では5億4000万円を達成した。

 ユーザーは必ずしも個人情報を相手に教える必要はなく、ココナラ上のメッセージ機能でやり取りし、取引を完了させることも可能。決済などはココナラのシステムを使うので、手間もかからない。

「ココナラ」のウェブサイト。女性に受けそうなポップなデザインだ

iOS/Androidアプリも公開されている

似顔絵のイラストを3000円で書いてもらった

 いつもの通り、出品側と購入側の両方を体験してみる。カテゴリを見ると、「似顔絵・イラスト」「ビジネス」「恋愛・結婚」など20以上に分類されている。もちろん筆者が提供できるのは、「文章・キャッチコピー」だけだ。購入では、似顔絵をチョイスしてみた。

 まずはアカウントを作成。メールアドレスで作成できるほか、FacebookやYahoo! IDで登録することも可能。ログインしたら、「イラスト 墨絵」で検索してみた。すると、5件がヒット。一番上に表示された人をチェックするといい感じ! 早速注文してみる。

 クレジットカードを登録し、メッセージで発注を行う。似顔絵を描いてもらいたいのだが、「商用利用する際はご相談ください」と書いてあるのを確認。本記事を含め、メディアに出る可能性があることを伝えておく。すると3時間ほどで返事が来て、OKとのこと。筆者は普段からプロのイラストレーターに記事のビジュアルを依頼することがあるが、この金額では無理。3000円はずいぶん安い。

カテゴリーから辿ったり、キーワード検索して出品をチェックする

評価が高いので、依頼してみる。「購入画面に進む」をクリック

クレジットカードを登録して、支払いをする

購入が完了した

メッセージで注文内容を伝える。「購入に当たってのお願い」もよくチェックすること

3時間ほどで返事が来た! 商用利用については追加なしでいいとのこと

  写真を送ると、まずはラフを送ってくれた。それで帽子の形を選ぶと、数日後に完成イラストが来た。確認すると、TwitterやFacebookのプロフィールアイコンのサイズなど、4種類の画像が納品された。とてもスムーズで、安心できる取引だ。

3日後にラフが来た。完成前に確認できるのは安心だ

イラストが納品された!

最後のやり取りを行い、メッセージがクローズされた

最後に出品者を評価する

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう