週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

BlackBerryやノキアもある! イスタンブールのスマホビルを君は知っているか

2016年03月12日 14時00分更新

ここが大本命! コアな製品とコピー品が並ぶ店内へ

 そう、ここがイスタンブールの携帯電話ビルだったんです。店内はヤバイので写真はぼかしていますが、狭いビルの中にところ狭しとスマホを並べたお店が入っています。店内を往来する人々も一般客だったり業者だったり。

最新モデルもずらりと並ぶ

 試しにいくつかのお店で値段を聞いてみましたが、価格は海外の一般的な相場相当。ただし、モノによってはだいぶ安くなります。また、イスタンブール市内ではあまり見かけない、安く買える製品も扱われています。これらの大半は輸入品、イスタンブールあるいはトルコ全体で売れるものがここに集まってきているんですね。すなわちトルコの売れ筋商品がショーケースを見るとわかるということです。

チャイナな端末もあちこちに

 フィーチャーフォンもまだまだ人気があるようで、サムスンの2G携帯電話もよく見かけます。また、中国製の謎の「携帯電話屋スマホ」もちらほらと。この店にある「Galaxy」はいわゆるコピー品ですね。値段が激安なのでよーく考えればわかるのですが、「Galaxyがお買い得!」などと思っちゃだめですよ。

上のフロアにはまさに墓場も

 ビルは8階建てくらい。4階くらいまで携帯屋が入っているようです。上のフロアに行ってみると中古専門店もあります。こちらはノキアの専門店。まだまだノキアは人気なのでしょうか? なお、店で端末を見ているとひっきりなしにお客さんがくるので観察してみたところ、音声通話とSMSをメインに使っているトルコ人はまだ多いみたいです。

こだわりのお店にはレアな高級モデルがずらり

 こちらのお店は店主がよくわかっていますね。「100万円ケータイ」で有名なVertu(ヴァーチュ)や、サムスンと高級オーディオのBang&Olufsenがコラボした端末、またBlackBerryのポルシェも置いています。いずれも値段は数万円、Vertuは10万円以上のものも。この店は見ているだけでも楽しいです。

地元キャリアブランドの端末もちらほら

 ほかにもトルコのキャリアのブランド名の入ったオリジナル端末も。このTurkTelekomの「TT175」は中国ODMメーカー品でしょうか。街中のキャリアで単体で買うよりもこのビル内のお店の方が安いのがうれしいところ。トルコに来た記念に地元キャリアのスマホを買いたい人は、こんな背品を買うのもいいでしょうね。

ご飯も美味しいイスタンブール

 トルコと言えばケバブの本場。カフェや食堂で食後に飲む「チャイ」も美味しいものです。屋台の簡単なご飯ならば200円程度で済ませることもできます。イスタンブールは日本人にも人気の旅行先ですが、観光地だけではなく時間を作って携帯ビルに立ち寄るのも面白いものですよ。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう