週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

今年もグラコロの季節がやってきた

マクドナルド「デミチーズグラコロ」は味が濃〜いのだ!

2015年12月14日 16時28分更新

 今年もグラコロの季節がやってまいりました!

 マクドナルドは12月15日より、冬の定番「グラコロ」と「デミチーズグラコロ」を期間限定販売する。なお一部の店舗では、いずれも11日から先行販売しているとのこと。

おなじみ「グラコロ」。340円(バリューセットは640円)

「デミチーズグラコロ」。370円(バリューセットは670円)

 グラコロといえば、クリーミーなホワイトソースにえびとマカロニを加え、外はサクサク、中はとろとろのグラタンコロッケに仕立てたバーガー。キャベツと合わせてふわふわの蒸しバンズで挟んだ、寒い季節にふさわしい一品だ。このメニューのファンだという人も筆者の周りには多い。

 今回は派生メニューであり、ビーフのうまみ味たっぷりのデミグラスソースとクリーミーなチェダーチーズが決め手という、デミチーズグラコロを食べてみよう。2012年から登場したメニューではあるが、なにぶん季節限定品なので、まだ食べたことがないという人もいるはず。参考になればさいわいだ。

パッケージにもきっちり「デミチーズグラコロ」とある

 ぱくっと食べてみると、味が濃〜い。よく考えてみれば、グラタンコロッケに、チーズと甘いデミグラスソースをかけているのだから、当然の話だろう。まろやかでコクがあるが、普通のグラコロでもちょっと濃いかなあ……と思う人にはややしつこいかもしれない。また、バンズがやわらかく、キャベツがこぼれやすいため、若干の食べにくさがある。包装紙でうまくカバーして食べたいところだ。

ハンバーガーを食べ慣れているジャンク部・コジマの評価は……「グラコロといえばマクドナルドの定番メニューですが、チーズとデミグラスソースが加わったことによりコクがアップしましたね。ただ濃い目の味付けなので、さっぱりした飲み物を合わせるといいかもしれません」

 というわけで、今回のジャンク部はマクドナルドのデミチーズグラコロでした。ごちそうさまでした。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう