週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

時計はやはり丸いほうがいい?

Moto 360 2nd Genを初代やHuawei Watchと比較:週間リスキー

2015年11月06日 19時00分更新

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマーとやんちゃデジタル仲間たちがテクノロジーとサブカルチャーの交差点からお届けする、フツーの方にはむしろ余計な情報を扱うコーナーです。ご注意ください。

 例によって前戯飛ばしてイクわね。日本では出なかったモトローラのAndroid Wear端末、第二世代でございます。42ミリ砲のほう。EXPANSYSさんで4万ちょいです。

丸いことを強調するために、またしても丸いパッケージに

日本語を選ぶだけ

よ、丸い顔! 腹減ったなぁ……

アテクシの細い腕でも余裕があるので、女性も大丈夫と思います

 ギテキ感激?

出た、またこのパターンすな。

 まぁ、中身はAndroid Wearなんで、日本語化含め、とくに改めて書くことはございません。

技適が微妙……というか現状ダメなヤツですが

 初代と比較するしかありませんね。

右が2ndの42ミリ版。ひと回り小ぶりに

充電台は同じと見せかけて違います。小さくなったぶん、下駄が

ボタンの位置もちょと変わりました

裏側。宇宙船の底からフライパンの底に

充電台は新旧で互換性ないのですが、QiなのでApple Watchの充電器が使えたりしないかと試してみたり……

あらヤダいけるじゃない

ほかのQi充電台も大丈夫でした。保証はしませんが

 いじょ。……短すぎますよね。致し方ありません。では、ゆうこば君が隠し持っていたHuawei Watchと比較してお茶を濁しましょう。

ほぼほぼ同寸ですな

おいおい、かなり似ているど?

 えーと、現場からは以上です。まあるいApple Watchが欲しいな……。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう