2020年02月10日17時00分

1万円以下でねじっても壊れない堅牢性に衝撃、持ち運びも快適なゲーミングヘッドセット「ASTRO A10」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
低価格でありながら高性能なゲーミングヘッドセット「ASTRO A10 ゲーミングヘッドセット」

 勝利を掴みたいなら、なるべく高性能なゲーミングヘッドセットを選びたい。だが、高性能なゲーミングヘッドセットはその分高価なモデルも多く、購入をためらってしまう人も少なくないだろう。低価格帯のゲーミングヘッドセットも多数存在するが、その製品がしっかりゲームプレイできる製品なのかは、使ってみないとわからないという不安がある。

 低価格で高性能なゲーミングヘッドセットを探し求めている人に、ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」が開発した「ASTRO A10 ゲーミングヘッドセット(以下、A10)」を紹介しよう。

 A10の対応機種はPC、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo SWitch、タブレットで、値段は9570円前後と実にリーズナブルだ。ゲーミングヘッドセットとしては確かにリーズナブルな価格だが、前述したとおりどれくらいの性能か気になるところ。そこで今回は、A10の使用感や性能などを紹介していきたい。

長時間使用しても疲れない!
快適さが魅力のゲーミングヘッドセット

A10本体とパッケージ
ヘッドセット部分の表面にA10のロゴが入っている
ヘッドバンドの表面にはASTROのロゴが

 今回試用したA10は、「ホワイト/ブルー」の新色を採用したモデル。ホワイトを基調としたボディーで、ヘッドセット部分の表面にはブルーでデザインされたA10のロゴが、ヘッドバンドの表面にはブラックでデザインされたASTROのロゴが入っている。ホワイトを主軸としたカラーリングは、全体的におしゃれな印象を与えてくれる。

A10のイヤーパッド。軽量素材のイヤークッションは柔らかく、装着してもきつく感じなかった

 A10のイヤークッションは軽量素材を採用しているため、実際に装着してみても締め付けを感じず、長時間使用しても疲労感はほぼゼロに等しかった。加えて、メガネをかけていても問題なく装着できるのがいい。イヤーパッドのくぼみは私の耳にちょうど収まるサイズで、初めて装着した際はパズルのピースがうまくはまったような快感を覚えた。ゲームプレイに集中しやすい装着感がA10の魅力的なポイントだ。

A10のマイク。マイクを軽く折り曲げて口元に寄せられるほか、マイクを跳ね上げればミュートにもできる
インラインボリュームコントロールを使えば、ゲーム内のサウンド調節ができる

 A10のマイクは折り曲げれば自分の口元に寄せられるほか、跳ね上げるだけでミュートのオン・オフを切り替えられる。また、ケーブルに付属するインラインボリュームコントロールを使えば、最適な音量でゲームプレイが可能だ。

A10側のプラグにジャックを差し込むときは少し強めに押し込むのがコツ。軽く差し込んでしまうと、使用時に片耳しか聞こえないといったトラブルが発生する

 使用方法は、対応機種のヘッドセット用プラグにケーブルのジャックをつなぐだけ。PlayStation 4をメインに使う場合はDUALSHOCK 4のイヤフォン用プラグに差し込むだけで使用可能。パソコンの場合も同様だが、マイク機能も使いたいのであれば分岐ケーブルが必要となる。

 なお、初めて試用したときに片耳しか聞こえないことがあったが、これはA10側のプラグにジャックがうまく差し込まれていなかったからだった。強めに差し込んでみたところ問題なく使えたので、ちゃんと差せているかはしっかりチェックしたほうがよさそうだ。

ねじっても壊れない堅牢性に衝撃!

ねじっても壊れない堅牢性に衝撃を受けてしまった

 A10のヘッドバンドはスチール製を採用しており、どんなにねじっても壊れない堅牢性が魅力だ。試しに力強くねじってみたのだが、ボキっと折れることはなかった。「ふん、貴様の実力はその程度か…」と言いたげな余裕をみせていた。

 断っておくが、A10はストレス発散グッズではなくゲーミングヘッドセットである。ゲームをクリアできなくてイライラする気持ちは痛いほどよくわかるが、くれぐれもそういう使い方だけはしないように。どうしてもストレスを発散したい場合、顔を枕に押し付けて「あーっ!」と叫ぶ、猫などの癒し動画を視聴する、軽く運動をする、ストレス発散グッズを購入するといった対処策を強くおススメする。

 さすがにねじって壊すというシチュエーションは現実的に起こりえないだろうが、床に落ちているヘッドセットをうっかり踏んづけてしまうというケースは一応考えられる。よほどのことがない限り壊れることはないので、A10は自宅だけでなく、安心して持ち運べるのも魅力といえよう。

低音域を重視したオーディオ性能
敵の足音がはっきりとした形で聴き取れるのがいい!

 ゲーミングヘッドセットを購入するうえで一番気になるのは、おそらくオーディオ面だろう。FPSのようなゲームタイトルでは、エイムだけでなく敵の足音を聞き取ることも肝心だ。敵が発する音を頼りに位置情報を把握できるか否か。その力が勝利のカギになるといっても過言ではない。

 A10を装着して、まずは「レインボーシックス シージ」をプレイしてみたところ、敵の足音がはっきりとした形で鼓膜に伝わってきて、位置を把握しやすかった。高音よりも低音にフォーカスされているように感じた。足音のような低音域のサウンドを聴き取る際、A10はかなり重宝するはずだ。

 続いて、サウンドに強いこだわりのある「Battlefield V」もプレイ。低音域に属する爆発音や銃声との相性がよく、迫力のあるサウンドを堪能できた。映画館にいるような臨場感を1万円以下の価格で味わえるなんて、ある意味贅沢といえるだろう。

秘訣は単一指向性マイクにあり
クリアすぎるボイスチャットを実現!

A10は、自分の声だけを捉えて快適なボイスチャットを可能にする単一指向性マイクを採用

 次に紹介するのは、A10に搭載されている単一指向性マイクだ。全指向性マイクの場合、自分の声だけでなく周囲の環境音も拾ってしまうことも。雑音のせいで敵の足音がかき消されることが考えられる。そういうわけで、全指向性マイクはゲームで真剣勝負を挑むのに向いていないのだ。

 一方、単一指向性マイクは自分の声だけを捉えるため、雑音が一切ない、クリアな声をほかのプレイヤーに提供できるのが魅力。ゲーム内チャットにて、よく遊ぶ友人と会話をしてみたところ、「前使っていたヘッドセットよりもクリアだね」と高評価を得た。以前使っていたゲーミングヘッドセットはごくまれに雑音が混じることが何度かあり、友人たちに迷惑をかけてしまっていた。だが、A10に切り替えたことでその悩みが解消され、快適なボイスチャットができるようになったのが最大の利点である。

A10は安くて快適なゲーミングヘッドセットの決定版

安くて快適、そして使いやすいゲーミングヘッドセットを求めている人におススメ!

 A10は、低価格ながら快適なプレイ環境を提供するゲーミングヘッドセットである。対応機種は幅広く、普段使いとしてガッツリ活用できるのがポイントだ。安くて快適、そして使いやすいゲーミングヘッドセットを求めている人にA10をおススメしたい。

ASTRO A10 ゲーミングヘッドセットの主なスペック
製品名 ASTRO A10 Gaming Headset
カラー ホワイト/ブルー
サイズ およそ幅190×奥行80×高さ195mm
重量 約346g
ケーブル長 インライン音量コントロールケーブル 2.0m/スプリッターケーブル 65mm
接続 I/F 3.5mmステレオミニプラグ(入力・出力 各1)
マイク部 単一指向性
ドライバーユニット 40mmネオジウムドライバー
感度 104dB +/- 3dB @1kHz
周波数特性 20Hz~20kHz
インピーダンス 32Ω
必要システム Windows、Mac、PlayStation 4、Mac
価格 9570円前後

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking