2020年02月05日10時00分

Xperia 5はデザイン、性能、カメラが高次元にまとまっている

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで取り扱われているXperia 5。価格は、9万円程度で、スペックはハイエンドの部類に入ります。Xperiaシリーズでの位置づけとして、Xperia 1に対する廉価モデルというよりは、順当進化を遂げた後継モデルとも表現できる端末ではないでしょうか。筆者としては、ここ数年のXperiaでは一番気に入った端末でして、オススメできるポイントを大きく3つ紹介します。

縦長画面が活きるスリムなボディー

 Xperia 5のサイズは、約68×158×8.2mm(仕様の数値はソフトバンク版を参照、以下同)であり、細くてスリムなボディーが特徴的。Xperia 1の幅72mmと比べると、4mmほど抑えられています。

右側面には音量キー、指紋センサー、電源キー
下部側面にはUSB Type-Cコネクターとスピーカー

 筆者の手では、片手でホールドしたときにしっくりくるサイズだと感じました。キャリアモデルらしく、おサイフケータイ、防水にもきっちり対応しているので、日常利用にオススメしやすい機種です。

 同機は、6.1型で解像度はフルHD+。21:9というXperiaならではの縦長画面を採用していることで、「コンパクトだけど画面が見づらい」という事態にならず、「コンパクトなのに画面が見やすい」と感じる希少な端末です。

 マルチウィンドウを利用する際も、縦長画面と相性が良いのは言わずもがな。アプリのYouTubeを見ながらLINEをしたり、検索をしながらメモを取るような使い方に適しています。特に、横持ちで動画を再生しつつ、別ウィンドウを見られるので、通知・返信や検索作業で動画再生が途切れさせることがないのがうれしいところ。

一画面に多くの情報を表示できたり、マルチウィンドウで十分なスペースを確保できたりするのは、縦長の画面ならでは
横持ちの場合も、横画面の動画を再生しながら、さらにアプリを並べて表示できる

 シリーズ独自のUIとしておなじみになりつつある「サイドセンス」にも対応。左右の画面の縁をダブルタップすることでよく使うアプリのアイコンを表示させたり、片手操作モードへの切り替えが可能です。また、ダブルタップ以外にも、画面縁を上スワイプでマルチウィンドウを起動、下スワイプで戻る操作に対応しているのが重要。特に、Xperia 5くらいの縦長画面だと、ナビゲーションバーでの戻る操作が億劫になるので、画面縁を下スワイプで戻る操作は使いこなすと快適になります。

 ただし、サイドセンスでの操作には慣れが必要。筆者もまだ百発百中では扱えず、この点は課題かな、と感じる一面です。「設定」→「画面設定」→「詳細設定」にある「サイドセンス」を選択し、「サイドセンスを練習する」をタップすれば、一通りの操作を学べますので、同機を購入する場合には、ここから何度か繰り返して練習することをオススメします。

サイドセンスでダブルタップした画面(左)と、サイドセンスの練習画面(右)

ゲームエンハンサー機能が秀逸

 Xperia 5を語る上で、ゲーム機能は欠かせません。仕様について触れておくと、同機はSoCにSnapdragon 855(オクタコア、2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz)を搭載。メモリーは6GB、内蔵ストレージ64GBを備えます。OSは、本レビューではAndroid 9のまま試用しましたが、1月末時点でAndroid 10にもアップデート可能となっています。

 AnTuTu Benchmark(v8.2.2)によるベンチマークスコアは、「413430」。アプリ内に表記されているGalaxy S10(408243)やHUAWEI P30 Pro(396200)よりも少し高い値でした。実際に「アスファルト9:Legends」をプレーしてみたところ、グラフィックスは非常にスムーズに処理され、動作が重くなるような場面は筆者が試した範囲では一切ありませんでした。

AnTuTu Benchmarkのスコア
「アスファルト9:Legends」をプレー。画面左上のアイコンから「ゲームエンハンサー」機能のメニューを起動できる

 特筆すべきは、「ゲームエンハンサー」機能。同機能を使うことで、プレー中の通知をオフにしたり、ゲームアプリを起動したまま攻略情報を検索したりすることが可能に。

 今回は、ゲームエンハンサー機能のうち、プレー中の集中力を高めるために活躍する「フォーカス設定」を試してみました。これは、アプリ通知や着信通知のオフを、アプリごとに好みの設定にカスタマイズできるというもの。これによって、外部からの連絡やアプリ通知によってプレーが中断されることなく、没入感が高まります。

「ゲームエンハンサー」機能にある「フォーカス設定」の画面で、プレー中の通知のカスタマイズが可能

 ちなみに、ゲームエンハンサーでは、ナビゲーションバー表示のロックし、横持ちの際に端末右肩にくるカメラキー操作を無効にすることも可能。ゲーム中の大事な局面で誤操作を起こして頭を抱えた経験は、ゲーム好きなら誰しもあるでしょうが、その心配がないのはうれしいポイントの一つです。

 一方、内蔵スピーカー(耳元と底面)からのサウンドは、底面側の方が音が大きく、わずかに偏りを感じました。定位が中心にくるクリアな音声にこだわりたい場合には、イヤホン活用すると良いでしょう。

Cinema Proだからできるカメラ機能

 背面には、望遠、標準、超広角のトリプルカメラを搭載。カメラの仕様としては、有効画素数は約1220万画素で統一され、F値はそれぞれ2.4、1.6、2.4です。

上から順に、望遠、標準、超広角

 静止画撮影機能はシンプルで、大抵のシーンで「プレミアムおまかせオート」機能により、料理や夜景など13種類のシーンとコンディションに合わせて自動で最適化されます。ちなみに、縦横比率は4:3、16:9、1:1の3種類しかなく、21:9の比率は選べません。

 使った印象としては、たとえば「瞳AF」のような高度な機能が裏で動いている一方で、難しいことを考えず、パシャパシャとたくさん写真を撮りたいという人にこそオススメなカメラに仕上がっています。「静止画ならただシャッターボタンを押せば綺麗になる」という認識で問題ありません。

左下にアイコンが表示されているように、シーンに合わせた最適化がされている
プレミアムおまかせオートで撮影した作例。シズル感もバッチリで、温かみもあり、美味しそうに撮れた。撮影の設定もいじっていないし、加工もしていない

 少し気になったのは、UIと低照度の撮影について。超広角カメラへの切り替え操作が、倍率を変更するアイコンに触れてから「W」のボタンに触らなくてはならないので、やや煩雑に感じました。また、低照度の環境での撮影に関しては、筆者がメインの端末として使っている「iPhone 11 Pro」と比べると少し頼りない印象です。

Xperia 5で低照度の撮影をすると、そのままお待ちくださいと画面に表示される
Xperia 5で撮影した写真。決して上手く撮影できていないわけではないが、自動で低照度の撮影をきれいにできるカメラを搭載した競合メーカー機種に慣れていると、ちょっと物足りなく感じる
たとえば、筆者の普段使いのiPhone 11 Proで撮影するとこのくらい明るくなる

 動画撮影に関しては「Cinema Pro」アプリが楽しいの一言に尽きます。21:9の比率で動画を撮影でき、「Look」と呼ばれるフィルターを選択可能。映像系のクリエーターでも満足できるような画づくりを楽しめます。特に、動画を撮影しながらのピント調整操作が可能なので、スマートフォンなのに滑らかなフォーカス・イン/フォーカス・アウトができるのはユニーク。動画撮影に興味がある人はぜひ試してほしいところ。

「Cinema Pro」アプリならピントを調整した撮影が可能。画面右端の「A「B」のボタンをタップすることで、あらかじめ設定しておいた位置へとゆっくりピントが調節する仕組みだ

 ただし、初見でこのアプリを使いこなせる人はほぼいないでしょう。一応、設定内の「Xperiaアシスト」→「Xperia使いこなしガイド」を開くと、「Cinema Proの撮影・編集」というページに一通りの説明が書かれています。それに目を通せば、カメラの基礎的な用語を理解している人なら問題なく使えるはず。

 一方で、Xperia 5のストレージは64GBしかないことを考えると、本格的に動画を撮り始めたらすぐに容量不足に陥りそうです。動画撮影を前提に購入する場合には、最大512GBのmicroSDXCには対応しているので、外部メモリーカードの活用は必須と言えます。

端末左側面に、SIMカードとmicroSDカードスロット

【まとめ】デザイン、スペック、カメラ
どれかに惹かれたなら買い!

 デザインが良く、日常的に使いやすい。ゲームアプリが快適に遊べる。手間なくきれいに撮影できて、こだわるところはこだわれるカメラ。

 それぞれ魅力的に感じるかどうかは人によるとは思いますが、物欲に刺さる部分があれば、公式サイトや店頭でさらに詳細をチェックしてみましょう!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking