2020年01月24日12時41分

ボルボとチャイナユニコムが5Gで協業! 新車に5G搭載モデルも!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スウェーデンの自動車メーカー・ボルボと中国通信大手のチャイナユニコムは1月15日、自動車と公共設備との間に次世代通信技術「5G」を使うことで合意し、自動車向けの5GやV2X(Vehicle-to-Everything)の研究開発を行なうと発表した。 

 5Gは、より多くのデータを高速かつ少ない遅延で転送できるなど、現行規格の4Gにはない要素を兼ね備える。このため、携帯端末などの通信にとどまらず、教育や医療など幅広い分野での活用が期待されている。自動車分野においても、さまざまな場所や機器と連携したサービスが期待されている。

 車両と公共設備の双方が通信をすることで、たとえば特定のルートで渋滞が発生した場合に、あらかじめ迂回経路を提案したり、車両と交通カメラが通信することで、ドライバーが空いている道や駐車スポットを見つけやすくなるという。

 両社は今後、5G接続における安全性や利便性などを検証していく。また、ボルボが開発した次世代のSPA2(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー2)プラットフォームを採用する新型車に対しても、5Gを搭載していく計画を明らかにしている。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking