2020年01月24日14時52分

業界初、マイクロソフト「Windows collaboration display」認証の4Kタッチディスプレーをシャープが発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 シャープは1月22日、マイクロソフトが定める「Windows collaboration display」の認証を業界で初めて取得した70V型 4Kタッチディスプレー「PN-CD701」を、日本で発売すると発表した。

 発売時期は2020年3月、価格は103万円前後を予定しているとのこと。当初月産台数は国内・海外合計で1000台。

Windows collaboration displayのイメージ

 Windows collaboration displayとは、マイクロソフトが定めるビジネス用途向けのInteractive Whiteboard(電子黒板)の規格で、Windows 10搭載PCと接続し、クラウドサービスの連携などによって生産性の高いビジネスコラボレーションを実現する製品を、同社が認証するものだという。

 シャープでは2019年10月に、PN-CD701で業界で初めてこの認証を取得。欧州では同月に販売開始している。

 PN-CD701は、70V型と大型の4K(3840×2160ドット)ディスプレーを搭載するタッチディスプレー。Windows 10搭載PCと接続し、クラウド型のビジネスアプリケーション「Office 365」などと簡単に連携できる。

 PowerPointやExcelなどを画面に表示し、ディスプレーをタッチすることで直感的に操作しながら、プレゼンテーションや会議などが可能。

 また、Microsoft Whiteboardを使えば、タッチディスプレーに書き込んだ図や文字を、リモートワークしている人などとも共有でき、遠隔地にいる人とのディスカッションも容易になる。

 Microsoft Teamsなどを使って、資料の共有や共同編集、チャットのやり取りなどもでき、上部にはフルHD画質(1920×1080ドット)のカメラ+マイクを搭載しているため、ビデオ会議にも活用できる。音質などの品質基準を設けた「Skype for Business」認証も取得しており、高品質なビデオ会議を可能にするとのこと。

 デバイスの接続には、USB Type-Cケーブルや、HDMIなどを利用できる。製品には一般的な製品より長い8mのUSB Type-Cケーブルが同梱されており、接続する側のPCが「USB Power Delivery」に対応していれば、映像出力しながら、PCを充電もできる。ノートPCのACアダプターを必要とせずに、長時間の会議なども可能だ。有線だけでなく、Bluetoothによる無線接続にも対応している。


 そのほか画面の下部には、Windowsボタンなども配置しており、接続しているWindows 10 PCをボタンで操作できる。タッチ方式は静電容量方式を採用。同社が従来製品の「BIG PAD」の開発で培った“ダイレクトボンディング”技術などにより、視差が少なく小さな文字なども書きやすいという。

 また、モーションセンサーやIoTセンサーを搭載しており、モーションセンサーを使って、人が近づくと自動的にスリープから復帰する機能を搭載する。IoTセンサーでは温度や湿度、二酸化炭素濃度などの計測が可能。この機能を用いたサービスについては将来展開予定とのことだが、会議室の環境データをMicrosoft Azureにアップロードし、環境改善に役立てるものなどを想定しているという。

左がカメラ+マイク、右がIoTセンサー

 その他、製品の主なスペックは以下の通り。

画面サイズ 70V型ワイド
バックライト LED
最大解像度 3840×2160ドット
最大表示色 約10億6000万色
最大輝度 350cd/平方メートル
コントラスト比 4000:1
表示画面サイズ 1538.9×865.6mm
LAN端子 10BASE-T/100BASE-T/1000BASE-T(2系統)
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
接続端子 USB 3.0 Type-A×6、USB 3.0 Type-B、USB Type-C×3、HDMI、ミニステレオミニジャック
サイズ 約1623.5(W)×90(D)×976.5(H)mm
重量 約65kg

 今回の発表に際し、シャープが開催した製品発表会では、ゲストとしてマイクロソフト チャネルエグゼクティブグローバルデバイスパートナー部門のパトリック・ブーヴェ氏が登壇した。

パトリック・ブーヴェ氏

 同氏はリモートワークなどによるワークプレースの変化について触れ、PN-CD701のようなWindows collaboration display認証製品を活用することで、Office 365などと素早く接続でき、ビジネスにおける会議の生産性を高めることができると説明。

 また本製品について、Windows collaboration display認証製品として、シャープとのマーケティング連携を行なっていくことも明かした。

ブーヴェ氏(右)と、シャープ ビジネスソリューション事業本部ビジュアルソリューション事業部長 山本信介氏(左)

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking