2020年01月23日19時09分

「Radeon RX 5600 XT」はフルHDゲーマーのベストチョイスになり得るか?【前編】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2020年1月21日23時、AMDはRDNA 1.0ベースのミドルクラスGPU「Radeon RX 5600 XT」の販売を解禁した。2019年7月に登場したRX 5700シリーズはWQHD(1440p)ゲーミングのため、そして11月のRX 5500 XTはフルHD(1080p)ゲーミングのため、そしてその中間に位置づけられるRX 5600 XTは“フルHDで最高の画質でゲームを楽しむためのGPU”となる。

 すでにRX 5600 XTに関してはCES 2020で発表され、AMDからも製品に関するメディアブリーフィングが行なわれるなど、RX 5600 XTの情報に関しては、すでに出尽くしているが、今回は実機を含めたベンチマークの情報が解禁された。

 昨今のミドルクラスGPUの製品展開の例に漏れず、今回のRX 5600 XTもリファレンスモデルは投入されず、すべてAICベンダーの“オリジナルファン”搭載モデルのみが流通する。

 価格&発売日情報は21日午前時点で、AMDからのアナウンスこそなかったが、Sapphire製の「PULSE Radeon RX 5600 XT 6GB」が1月25日11時から販売開始予定で、税込み4万1800円前後で発売するとアナウンスがあった。

 RX 5600 XTの投入により、AMD vs NVIDIAの最新アーキテクチャーがミドルクラスでも揃い、GTX 1660 SUPERおよび1660 Tiに対抗し得る選択肢が登場した。この領域はVega56やRX 590といった世代落ちGPUにカバーさせてきたが、さすがにGPUの設計的にTuring世代のGPUに張り合うには厳しくなってきた。RX 5600 XTはミドルクラスに空いた穴に対する待望のリリーフといったところだ。

 今回筆者はSapphire製のRX 5600 XT搭載カード「PULSE Radeon RX 5600 XT 6GB」を試す機会に恵まれた。RX 590やVega56の後継となれそうなGPUなのか、さまざまなベンチマークを通じて検証していきたい。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking