2020年01月15日16時15分

“飛騨の匠”と“関の刀鍛冶”の技術を融合したワークデスク「The Work Desk」販売開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
“飛騨の匠”と“関の刀鍛冶”の技術を融合したワークデスク「The Work Desk」

 スキューは1月15日、同社が展開するワークスタイルブランド「CITAA(シター)」から、シンプルさと働く人のための機能を兼ね揃えたデスク「The Work Desk」を公式ECサイトにて発売した。

 天板としては、国産の広葉樹無垢材を飛騨の職人技術により1枚ずつ丁寧に仕上げた自然な滑らかさを施し、岐阜県関市の鉄工技術を活用した脚を組み合わせたという。

“飛騨の匠”と“関の刀鍛冶”の技術を融合したワークデスク「The Work Desk」

 デザインは建築家 小堀哲夫氏が設計。余計な装飾を一切排除し、極限まで余計なものを省いたシンプルさと働く人のための機能性を備えるとしている。サイズはおよそ幅1200×奥行き750×高さ740mm、重量およそ36kg。価格は13万7500円

“飛騨の匠”と“関の刀鍛冶”の技術を融合したワークデスク「The Work Desk」

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking