2020年01月09日10時00分

専用アプリから実家の様子をゆるやかに見守れるサービス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 チカクは1月8日、セコムと共同開発した高齢者向けの見守りサービス「まごチャンネル with SECOM」を、セコムから販売開始したと発表。

 超高齢社会にある日本では、高齢者のライフスタイルが多様化し、本格的な見守りシステムに至る前の、ゆるやかでライトな見守りに対するニーズが急増しているという。

 まごチャンネル with SECOMは、チカクが提供する「まごチャンネル」に、セコムの環境センサー「みまもりアンテナ」を接続することで、コミュニケーションを楽しみながら見守りができるというサービス。コンセプトは「たのしい、みまもり。」。

 専用アプリを使って、実家のまごチャンネルに家族の動画や写真などを送信すると、実家側では送られた写真や動画をテレビに映すことができる。また、本体に接続されたみまもりアンテナからの情報をもとに、両親の起床や就寝、室内の温湿度の変化などをアプリで確認することも可能だ。

 本体は通信機能を内蔵しているため、テレビにHDMIケーブルでつなぐだけで使用可能。サイズは幅125×奥行き130×高さ40mmで、重さは約425g。容量は、動画データが約2000本、写真データが約5万枚。本体価格は3万3000円で、月額料金は1848円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking