2019年12月16日11時00分

SDGsで人工知能はどう貢献できるのか 浅田稔氏がAI&ROBOT NEXTで講演

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
あ

 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が、2020年1月16日・17日にシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」に、日本ロボット学会 会長の浅田稔氏が登壇する。

 AI&ROBOT NEXTは、人工知能やロボット導入による新分野・産業での需要創出ならびに産業競争力自体の強化をゴールとして、それらに関連する研究成果の発表、実物やポスターセッションでの展示、また未来を展望するシンポジウム。

 浅田氏は、1月17日10時00分~10時20分に「日本の次世代人工知能技術はロボットを中心に加速する」と題した基調講演を実施する。講演では、人間との共生社会を育み、成長していく人工知能・ロボット技術が、Society 5.0やSDGsにどのように貢献できるのかを、現状と将来を見据えて議論するとのこと。

 AI&ROBOT NEXTの開催日は2020年1月16日と1月17日(開場10時00分、閉場17時00分を予定)。会場はLUMINE 0(東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24番55号 NEWoMan Shinjuku 5F)。入場料は無料(事前登録制)。

NEDO、シンポジウム「AI&ROBOT NEXT」を2020年1月開催

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking