2019年12月11日12時30分

2年で導入500社を達成したkrewシリーズ、事例集をWeb公開へ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2019年12月11日、グレープシティはkintone向けプラグイン「krew」シリーズの導入実績がのべ500社を突破したことを発表した。それに伴い、krewシリーズで業務改善に取り組んだ企業の事例を紹介した「業務カイゼン事例集」を同日からWeb公開した。Cybozu Daysで配布された業務カイゼン事例集には、ディップ、日産自動車、サイバーエージェントなど12社の事例が掲出されている。

KX
Web公開が開始された「業務カイゼン事例集」

 krewシリーズは、サイボウズが提供する業務アプリ作成プラットフォームのkintoneで脱Excelを加速させるプラグイン。kintoneの一覧をExcelのように表示・編集できる「krewSheet」をはじめ、kintoneアプリ間のデータを集計・加工できる「krewData」、kintoneのデータをダッシュボードで可視化できる「krewDashboard」の3つの製品を提供している。

 kintoneの特長を活かしつつ、Excelの優れた操作性や便利な機能を付加したkrewシリーズは、誰でも簡単に本格的な業務アプリをkintone上で作成できるプラグインとして業種・業態問わずさまざまな企業から導入されているという。2017年12月にkrewSheetをリリースし、2年間でのべ500社を超える導入を実現した。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking