2019年12月10日14時20分

あのHHKBに新型! Bluetooth&USBのハイブリッド化とカスタマイズ機能

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 PFUは10日、高級コンパクトキーボードの代表格「Happy Hacking Keyboard」シリーズを一新して発売した。これまでのコンセプトは継続しつつも、Bluetooth&USBに両対応するなど、インターフェースを刷新した。

11
おなじみ和田先生も登壇してお披露目

 今回登場したのは「HHKB Professional HYBRID Type-S」「HHKB Professional HYBRID」「HHKB Professional Classic」の3モデル。上位2モデルはBluetooth&USB対応で英語/英語無刻印/日本語の3配列、ClassicはUSB接続のみで英語/英語無刻印が用意される。Type-Sは従来製品同様に打鍵性能と静粛性を高めた上位タイプ。販売はPFUダイレクト(Amazon、楽天、Yahoo!含む)のみで、価格はそれぞれ3万5200円、3万250円、2万5300円。

11
登場するのは3モデル

 Bluetooth対応モデルでは、1台でWindows/Mac/iOS/iPadOS/AndroidのマルチOSで利用できるとともに、最大4台までのマルチペアリングに対応。ショートカットキーで接続切り替えも容易。また、USB接続では時代に合わせType-Cを採用し(キーボード側にUSB Type-C端子を用意し、ケーブルは取り外し可能。Classicも同じ)、スマートデバイスでの利用も容易になっている。

11
HHKB Professional HYBRID Type-Sの英語配列モデル
11
こちらは日本語配列。すべてのモデルに白と黒が用意される

 上位2モデルについては、Windowsで動作するユーティリティーを用意し、制御キーに限らず、文字キー全般のキーマップを自由にカスタマイズ可能。この変更内容はキーボード側に記録されるので、他OSでも継続して利用できる。なお、macOS版のツールも来春の公開に向けて開発中とのこと。

11
ユーティリティー自体はWindows用のみだが、カスタマイズ内容はハードウェアに保存される

 静電容量無接点方式のキースイッチ、キー配列やコンパクトサイズ、キー刻印が剥げにくい昇華印刷方式などは従来製品から受け継がれている。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking