2019年12月09日18時00分

1億画素カメラスマホが日本上陸! シャオミ「Mi Note 10」の実機をレビュー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

世界第4位が日本にやってきた!
シャオミ「Mi Note 10」をファーストインプレッション

 日本でもSIMフリースマートフォンの市場で存在感を見せる中国メーカー。そんな中国メーカーのなかでも、満を持しての日本市場参入となるのが世界シェア4位のシャオミだ。そんなシャオミの国内第1弾モデルとなるのが、今回紹介する「Mi Note 10」。メインカメラの画素数が1億800万画素というスペックで、海外でも注目を集めている。

11
シャオミの国内参入第1弾モデル「Mi Note 10」を早速レビュー。注目はやはりカメラ。1億800万画素のメインカメラは1/1.33型という大型センサーを採用する

 「Mi Note 10」は6.47型(1080×2340ドット)の有機ELディスプレーを搭載。本体サイズは約74.2×157.8×9.67mmで重量は約208gとなっており、手に持ってみると見た目よりもずしりと重たい。ただし、前面と背面ともに両サイドがカーブしているのでグリップはしやすい。

Xiaomi
6.47型(1080×2340ドット)の有機ELディスプレーを搭載
Xiaomi
左右の縁がカーブして横方向にもディスプレーが見える

 本体の四隅も単純に丸くしたのではなく、カーブ率を変化させて複雑な曲線となっている。このあたりは、中国メーカーのハイエンドモデルの流行ともいえるデザインで、流行を取り入れるのを得意とするシャオミらしい仕上がりだ。

11
本体背面は光沢がありツルツルだ。テストしたカラバリはグレイシャーホワイト
Xiaomi
複雑な曲線でコーナー処理がされている

 本体前面はナローベゼルで、ほぼすべてディスプレーと言った感じ。唯一画面上部にノッチはあるものの、ティアドロップタイプで非表示範囲としてはかなり狭いので、写真や動画、ゲームなどをフル画面表示したときにあまり気にならない。ディスプレー自体も見やすく、色域はDCI-P3に対応。また、ブルーライト低減性能でドイツの認定機関「TUV Rheinland」の認証も受けている。

Xiaomi
ノッチはティアドロップタイプ
Xiaomi
画面下部のベゼルも狭い
シャオミ「Mi Note 10」の主なスペック
ディスプレー6.47型有機EL(19.5:9)
画面解像度1080×2340
サイズ約74.2×157.8×9.67mm
重量約208g
CPUSnapdragon 730G
2.2GHz(オクタコア)
内蔵メモリー6GB(LPDDR4X)
内蔵ストレージ128GB(UFS 2.1)
外部ストレージ×
OSMIUI 11(Android 9ベース)
対応バンドLTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19/20
/26/28/38/40
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS○(DSDV)
VoLTE○(ドコモ、au、SB)
カメラアウト:1億800万画素(標準、F1.69)
+1200万画素(光学2倍、F2.0)
+500万画素(光学5倍、F2.0)
+2000万画素(超広角、F2.2)
+200万画素(マクロ)
/イン:3200万画素(F2.0)
バッテリー容量5260mAh
(急速充電対応、30W)
生体認証○(画面内指紋、顔)
SIM形状nanoSIM×2
USB端子Type-C
カラバリグレイシャーホワイト、ミッドナイトブラック、オーロラグリーン
価格(税抜)5万2800円
発売日12月16日

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking