2019年11月25日17時01分

Core i9-10980XEを定番ベンチで検証、Ryzen 9 3950X比で約16%上

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ASCII

 2019年11月26日17時1分、IntelはHEDT向けCPU「Core X」シリーズの新モデルのレビューを解禁した。開発コードネーム「Cascade Lake-X」で知られる新Core Xシリーズは、数字型番が10000番台となり、フラッグシップモデル「Core i9-10980XE Extreme Editon」(以下、Extreme Editionは省略)を筆頭に、Core i9-10940X、Core i9-10920X、Core i9-10900Xの4モデルをラインアップする。

 このあたりは既報でも報じているが、今回はレビューが解禁されたので、その性能のお披露目となる。なお、国内で一部モデルが11月29日16時に単品販売するという情報と、その価格も判明したのでお伝えしたい。単品販売するモデルはCore i9-10980XEとCore i9-10900Xの2モデルで、価格はそれぞれ税込みで13万8000円前後と8万6000円前後となる見込みで、Core i9-10940XとCore i9-10920Xの単品発売日や価格は未定だ。

 なお、今回のCore Xシリーズは若干の脆弱性に対する対策が含まれてはいるものの、基本的なアーキテクチャーやプロセスルール、さらに物理コア数やキャッシュメモリーのバランスまでSkylake-Xから変わっていない。ただし、ターボブーストまわりの値は若干引き上げられており、最上位のCore i9-10980XEでは「Intel Turbo Boost Max Technology 3.0」(以下、TBM3.0)時の最大クロックが4.8GHzと、前世代の最上位である「Core i9-9980XE」よりも300MHz高く設定されている。

ASCII
Cascade Lake-X世代のCore Xシリーズと、前世代のスペック比較。前世代の実売価格は大幅に下がった現行価格を記載しているが、原稿執筆時点での在庫はほぼ払底しているようだ

 今回は短期間ではあるが、Core i9-10980XEのES版をテストする機会に恵まれた。今回は基本的なベンチマークを中心にCore i9-10980XEのパフォーマンスを見るのみに留め、実際のアプリにおけるパフォーマンスはまた日を改めてまとめてみたい。

ASCII
ASCII
今回入手したCore i9-10980XEのES版。CPUパッケージの形状などは従来と同じ
ASCII
「HWiNFO」でCPUの情報を拾ってみた
ASCII
ちなみにいつもの「CPU-Z」(Ver.1.90)だと、Core i9-9980XEと誤解してしまう。更新が待たれる

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking