2019年11月23日15時00分

世界初、本物のベリリウム振動板を採用したfinal A8000

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

付属品やアクセサリーのこだわりもスゴイ

 本体には、MMCX端子の抜き差しを簡単にする工具である「MMCX ASSIST」、アルミ削り出し素材とシリコンを組み合わせたキャリーケース、ユーザー自身が交換できるダストフィルター、ロック機構を設け、外れにくくしたイヤーフックなどが付属する。これらも細部まで非常にこだわったアクセサリーとなっている。イヤーピースは、finalブランドでは定番のEタイプとなる。

final
左のケースは今回からアルミ削り出しになった。
final
天板の内側に仕切りを設けて、より運びやすくしている。
A8000
Twitterなどでも話題になったMMCX ASSIST。販売店やメーカーの人からの関心度が高いそうだ。なお、内側の突起は、MMCX端子に差すときに便利なものとなっている。技術者のこだわりによって、一度金型を起こした後、改めて作り直したものだという。
final
ノズル部分につけるフィルターはユーザー自身で交換できる。
final
ダストフィルターは従来も無償交換していたが、ユーザー自身でもできるように付属品にした。
final
イヤーフックには、ロック機能を付け、ケースに入れた際にフックが外れるという声にもこたえた。ここも細かい配慮。

 A8000のインピーダンスは16Ωで、出力音圧レベルは102dB/mW、重量は41g。発売は12月13日で、価格は19万9800円。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking