2019年11月22日17時15分

Minecraft with RTX国内初の体験会を開催、これはもはや別ゲーだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ASCII

 NVIDIAがリアルタイムレイトレーシングに対応した「Minecraft with RTX」の体験会を都内で開催した。Minecraft with RTXは2020年公開予定のため、今回は開発版での試遊となる。これまで、YouTubeなどでその美麗な映像がお披露目されてきたが、国内での試遊はこれが初となる。

 Minecraftで遊んだことがない読者のために説明すると、同ゲームは世界一売れているサンドボックスゲームで、プラットホーム合計では1億7600万本以上の売り上げを記録したモンスタータイトルだ。ユーザー層も広く、子供からの人気も高い。NVIDIAによれば、GeForceユーザーが遊んでいるゲームの中では3番目に多い人気タイトルとのこと。

 ユーザーが好きにカスタムできるいわゆる“Mod文化”も盛んで、なかでも「影Mod」と呼ばれる光表現に関係するModが人気だ。ここにNVIDIAとMicrosoftは目を付けて、Windows 10版ではリアルなリフレクションやシャドウ、ライティングの表現が可能なレイトレーシングにいち早く対応すると発表しており、その開発版を触れる機会が今回の体験会というわけだ。

 なお、今回試遊できたバージョンは今年8月にドイツ・ケルンで開催したGamescom 2019で先んじて公開されているが、国内で試せる機会は今回が初となる。

 開発版では外部コンテンツ(ワールド、シェーダー、パック、テクスチャーパックなど)は使用できず、「Vanilla World」と「NVIDIA Material Sandbox World」という2つのワールドで試遊する形となった。

ASCII
ASCII
今回試遊に使ったマシンはGeForce RTX 2080 TiのFounders Editionを搭載したゲーミングPC
ASCII
たまたまいらっしゃった知り合いのライターさんのプレイ模様。「NVIDIA Material Sandbox World」で、インベントリに入れた光るブロックなどを設置して、レイトレーシングの美麗な表現をi1個ずつ確かめるようにプレイされていた

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking