2019年11月21日10時00分

キミはXperia初号機のWindows mobile「Xperia X1」を知っているか?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Xperiaの歴史を紐解くシリーズとして、国内モデルは「Xperia 1」まで紹介しました。ここからは番外編として、国内では発売されなかったXperiaのグローバルモデルを紹介していきます。

 日本で最初に発売されたXperiaは2010年発売のドコモ版「Xperia SO-01B」(グローバルではXperia X10)ですが、その2年前の2008年に登場した「Xperia X1」が、実はXperia第一号機なのです。

201803xperia
Xperia X1

 OSはAndroidではなく、Windows Mobile 6.1を採用。当時フィーチャーフォンに注力していたソニー・エリクソンが突如作りあげたわけではなく、Windows Mobile端末で主導権を握っていたHTCからのOEM供給という形で、Xperia X1は投入されました。

 本体サイズは、53×110×16.7mm、重さは158g。非常に小型のボディーでありながら、その見た目とは裏腹にしっかりした重さがあります。

 スライドすることでQWERTYキーボードが現れるギミックが特徴で、サイドからみると弧を描くように傾斜する「アークスライダーデザイン」と呼ばれるデザインを採用し、キーをタイプしながらでも画面が見やすかったのです。

 開閉ギミックについても、軽く指で押すと勢いよくシュッとスライドし、軽く押し戻すと元の形状になります。QWERTYキーボードにはアルミのヘアライン加工がされ、キートップひとつひとつが押した感覚がわかりやすく、バックライトも備わっていました。

 ディスプレーは、タッチパネルの3型WVGA(800×480ドット)。今のスマートフォンの大画面から比較するとかなり小さいことがわかります。

ソニエリ

 本体の外装は金属パーツで、ディスプレー周辺と背面の中央カバーはヘアライン加工のアルミ製。上下左右ボタンと決定ボタン、その両サイドに3つづつダイレクトキーを備え、中央の四角いボタン部分は指をすべらせることで、マウスのようにカーソルが動く仕様です。

 背面には今や懐かしい「Sony Ericsson」の緑目玉ロゴと、大文字のXPERIAロゴが配置されていました。

 カメラは320万画素CMOSセンサーを搭載、AFとLEDライトもあります。

側面にはイヤホンジャックと電源、シャッターボタンとボリュームキーを備えており、USB端子はUSB mini Bとなっています。背面のアルミカバーを外すとバッテリーやSIMカード、microSDカードにアクセスできます。SIMカードは25×15mmの標準サイズでバッテリー容量は1500mAh。

 OSはWindows Mobile 6.1のため、WindowsでおなじみのInternet ExplorerやWindows Media Player、Messenger、Adobe Readerなどがプリインストールされていました。また、Office Mobileとして、Excel、OneNote、PowerPoint、Wordも利用できました。

 本体にはスタイラスが収納され、当時のWindows PC環境を持ち運べる小さなモバイル端末として期待を集めました。そして、2010年に国内で発売されたXperia X10ではAndroidが採用され今に続いていますが、こうした遊び心のあるモデルは当時のガジェッター魂を揺さぶる魅力的なモデルだったのです。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking