2019年11月07日11時00分

R6S公式キャスターが語るリフレッシュレートの重要性とは?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
mouse
レインボーシックス シージの公式⼤会などで実況・解説として活躍されているふり~ださんに聞いてみた

 FPSをプレーするうえで、リフレッシュレートは重要な要素であるというのは、プレーヤーである限りはほぼ常識になってきている。だが、144Hzと240Hzとなるとどうだろう。60Hz~144Hzとくらべて、144Hzと240Hzはそこまで動作は変わらないのでは? と思っている人も少なくないのではないだろうか。実際に私も、144Hzディスプレーを使用しているが、240Hzのディスプレーと見比べてみても、そんなに変わらないのでは? と思っていた1人だ。

 今回、マウスコンピューターが販売する240Hzのリフレッシュレートに対応する「NEXTGEAR-NOTE i5750GA1」を試す機会に恵まれた。普段遊んでいる「レインボーシックス シージ」をバリバリ遊んでみようと思ったのだが、素人の私が遊んだところで144Hzとの違いがわかるのだろうかと不安だった。

 そこで、レインボーシックス シージの公式大会などで実況・解説として活躍されているふり~ださんに、240Hzは本当に必要かやNEXTGEAR-NOTE i5750GA1を実際に使ってみた感想などを聞いてみた。

見た目ではわかりにくいが、リコイルなど体感は変わってくる

mouse
レインボーシックス シージの公式大会で実況・解説を担当しているふり~ださん

ーーふり~ださんが初めて240Hz対応ディスプレーを体験したときの感想を教えてください。

ふり~ださん(以下、ふり~だ):240Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレーが出始めた2年前くらいに、購入したのが最初です。60Hzディスプレーから144Hzディスプレーに変えたときほど、144Hzから240Hzは見た目に違いはあまりないという印象でした。しかし、レインボーシックス シージをプレーしていると、240Hzのほうが映像が滑らかになることで、反動を表現する画面上のブレを視覚的によりはっきりととらえられるため、画面を観ながらのリコイル制御がしやすくなった感じがします。

ーーリコイルってリフレッシュレートで変わるんですね。

ふり~だ:撃つときに画面上でぶれが起きるのですが、240Hzディスプレーだと比較的対応しやすいんです。マウス操作と体感で考えたら、結構240Hzと144Hzでは変わってくると思います。

ーー最近では大会でも240Hzのディスプレーが採用されていることが多くなってきています。普段144Hzでプレーしている人が240Hzのディスプレーで戦って不利になったりしないんですかね?

ふり~だ:そこまで不利になることはないと思いますが、例えばこれから240Hzが当たり前の時代になったときに、240Hzで常にゲームをプレーしている若い世代のプレーヤーが、144Hzで戦うとなったときは、違和感を覚えるかもしれません。そういう意味では、今のうちに先行投資しておくのはアリだと思います。早く購入しておけば、使える期間が長いので結果的にはお得ですし。

カバンに入れて持っていけるサイズ
ベゼルレスで没入感も

mouse
自身のYouTubeチャンネルでも大会前などにレインボーシックス シージの放送を行なっているふり~ださん。楽しんでいるというのを伝えることと、なるべく視聴者のコメントを返すことを心がけて放送しているとのことだ

ーーNEXTGEAR-NOTE i5750GA1を実際に試されてみていかがですか?

ふり~だ:240Hz対応ディスプレーで考えると小さいほうですが、ベゼルレスなので没入感はありますね。ゲーミングノートパソコンの中では取り回しやすいサイズで、現実的に持ち運んで出先で遊べるサイズには収まっていると思います。今日もカバンに入れて持ってきましたし。

 あと、スピーカーも結構いいですね。普通のノートパソコンと比べると臨場感が違います。YouTubeを観るときなどもいい音で観ることができますので。

ーー自宅でNEXTGEAR-NOTE i5750GA1を使って遊ぶとき、ゲーミングキーボードは別途用意したほうがいいですか?

ふり~だ:個人的には用意したほうがいいかなと思っています。使ってみて遊べなくはないのですが、競技系のタイトルは長時間プレーしたりするので、フットスタンドを傾けられたり指の負担を軽減できるキーボードを用意したほうがいいと思います。とはいえ、競技タイトル以外のゲームや仕事などは全然問題ないです。

ーーNEXTGEAR-NOTE i5750GA1の性能面はいかがでしょうか。

ふり~だ:実は私もPCゲームはゲーミングノートパソコンで始めたのですが、当時のマシンのGPUは確かGeForce GTX 750Mで、まだまだデスクトップ向けのGPUと比べると性能に大きな差がありました。比べて、GeForce RTX 2070は、まだデスクトップ向けと比べて性能差はあるものの、だいぶ縮まってきたと感じます。これはCPUも同じことが言えますね。

 また、昔使っていたマシンは4kg以上あったのですが、持ち運べるサイズになったのはスゴイと思います。そして何といってもディスプレーですよね。昔は60Hzまでしか対応していなかったですから。また、実況配信だと設定を考える必要がありますが、画像編集や動画編集などはストレスなく操作できる性能ではあると思います。

ーーレインボーシックス シージでは240Hzの恩恵は受けられそうでしょうか。

ふり~だ:GeForce RTX 2070を搭載しているので、GPU的には問題ないと思いますが、レインボーシックス シージはCPUの性能も大事なので、そこがネックになっている感じはします。でも設定を下げれば恩恵は受けられると思います。このタイトルは設定を落とすことによってFPSのアベレージが上がるので。

ーーやはりシージだとちょっと240Hzをフルに活かすには重いですかね?

ふり~だ:そうですね。NEXTGEAR-NOTE i5750GA1がというより、レインボーシックス シージで240Hz貼りつきにできるというのはかなりなハイスペックな性能が求められますよ。また、マップによって上下があったり、読み込みの関係で1ラウンドが重かったりもしますから。ただ、SSDの恩恵はしっかりと受けられていると感じています。

マウスコンピューター

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking