2019年11月06日12時00分

LINEのちょっとした使いづらさを解消する小技10選

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

【LINEの小技 その8】
全員で共有する情報なら「ノート」を活用する

 通常、共有したい情報は普通に投稿してしまえばいいのだが、長文過ぎたり、頻繁に更新がかかる内容だと、見づらくなってしまう。そんな時は、「ノート」機能を利用しよう。トークルームのメニューから「ノート」を開けば作成できる。

 筆者の場合、異業種交流のイベントで使うトークルームで、各参加者のプロフィールを共有するのに活用している。

308
トークルームのメニューから「ノート」を開く
308
共有したい情報を入力する

【LINEの小技 その9】
超絶便利なリアルタイム翻訳で海外の人と交流

 外国語が苦手でも、いろいろな翻訳サービスを使えば、テキストベースのコミュニケーションはできる。しかし、いちいちブラウザーを開いて日本語を入力して翻訳してコピーして、LINEに戻ってペーストするというのは手間がかかるし、返信が来たら、今度は相手の投稿をコピーして、ブラウザーを開いて・・・・・・というのはとても面倒だ。

 そこで活躍するのがLINEの自動翻訳機能。LINEの公式アカウントから「LINE英語通訳」や「LINE中国語通訳」をグループトークに招待すると通訳の役割をはたしてくれる。

 日本語で投稿すれば即、英語に翻訳し、英語で投稿されれば日本語に翻訳してくれる。機械翻訳なので、もちろんキレイに翻訳できるわけではない。使う単語や言い回しでミスもあるが、それでもコミュニケーションには十分だ。

308
「LINE英語通訳」を友達として追加する
308
グループトークに招待して、普通に投稿すると即翻訳が投稿される
308
外国語で投稿されれば、即日本語に翻訳される
308
「@bye」と入力すると、翻訳アカウントが退室する

【LINEの小技 その10】
iPhoneを使っていてもスタンプをプレゼントできる

 筆者は柴犬を飼っているので、柴犬のスタンプを多用しているのだが、ときどき可愛いと言ってくれる人がいる。それならばプレゼントして差し上げたい……のだが、LINEアプリから贈れるのはAndroidだけなのだ。

 実は、アプリからは無理なのだが、ブラウザーでLINEストアにログインすることで、プレゼントすることが可能だ。スタンプを選ぶと、「プレゼントする」というボタンがあるので、タップしよう。相手を選び、決済すればプレゼントできる。

 受け取った相手は、「受けとる」をタップすると、スタンプをダウンロードできる。

308
ブラウザーでLINEストアを開き、ログインする
308
スタンプを選び、「プレゼントする」をタップする
030
相手を選択したら、クレジットカードなどで決済する
030
相手にスタンプが届き、ダウンロードして使ってもらえるようになる

 以上が、LINEの小技10選となる。少しでも知らないネタがあったら、ぜひ試して欲しい。使いこなせれば、もっとLINEを便利に活用できるようになるはずだ。

筆者紹介─柳谷智宣

柳谷さん顔写真

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking