2019年11月02日10時00分

日本の航空法をクリアしたドローン「Mavic Mini」が登場!「Mavic Air」並の性能に価格は半額以下!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

折り畳みサイズはMavic Airより少し小さく重量は半分以下!

 まずは、DJI初の日本限定モデルとなるMavic Miniの最大の特徴である重量をチェック。今回、日本で発表されたMavic Miniは、日本の航空法が適用されない200グラム以下という重量をクリアしたDJIドローン史上最軽量の199グラム。

m
飛行状態のボリューム感からはトイドローンのような安っぽさは無く、重量が199グラムしかないとは感じられない
m
プロペラとアームを折り畳むと送信機(写真奥)とほぼ同じサイズ感に

 ちなみに海外版のMavic Miniには、容量が大きなバッテリーが搭載され、重量は249グラムとのこと。しかし、本格的な空撮が出来るドローンが199グラムって、「iPhone11 Pro」が194グラムですよ! もはや空飛ぶスマホ。

m
これまでの200グラム以上のDJI製ドローンは、日本の航空法だと無人航空機という扱いになるが、199グラムのこのMavic Miniは模型飛行機という扱いになるため、飛行可能なエリアが格段に広がる!
m
1100mAhのLipo バッテリーで18分間の飛行が可能
m
日本仕様のバッテリーは2セルのLipoで容量は1100mAh、重量は50グラム。なお、日本での使用が不可能な海外仕様のバッテリーは、2セルのLi-ionで容量は2400mAh、重量は100グラム、30分間の飛行が可能とのこと
m
後部にあるバッテリースロットの下には、マイクロUSBとマイクロSDスロットを搭載。なお、内蔵メモリーは無し

 さらに、製品名にMavicと冠されているとおり、Mavic Air同様に折り畳みが可能で手軽に持ち運べる。というワケで、2018年1月に発売されたMavic Airとサイズを比較してみたところ……。

m
折り畳むとまさに手のひらサイズ
【折り畳み時サイズ比較/重量】
Mavic Mini 140×82×57mm/199g(海外版249g)
Mavic Air 168×83×49mm/430g

【飛行時サイズ比較/重量】
Mavic Mini 160×202×55mm/199g(海外版249g)
Mavic Air 168×184×64mm/430g

 折り畳んだ状態ではMavic Airとさほど変わらない感じ。ですが、飛行状態の横幅がなんと約2センチほど広い! えっ? もっと小さいかと思いました?

 しかし、個人的にはこのサイズ感は大正解だと思います。これ以上小さくなると携帯性はアップしますが、飛行時の安定性が犠牲になるからです。さらに重量が軽い機体だとその傾向はより顕著に。ちなみに飛行時のサイズが最も小さいSparkのサイズ・重量は143×143×55 mm/300g。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking