2019年10月22日12時00分

激辛だけどやめられない! FF最速の血をひく「メガーヌR.S.カップ」を試乗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

シンプルだが上質にまとまったインテリア

 室内に目を向けると、目に飛び込むのは6速MTとサイドブレーキ。ちなみにAT仕様は電子式です。シフトノブは革と金属によるもので、誤操作防止のためバックを入れる時はシフトノブ下のレバーを引っ張りながら入れます。サイドブレーキは一見「え?」と思う形状ですが、実際に使うと使いやすく、坂道発進もラクラクです。

メガーヌ
赤いステッチがやる気にさせるシフトノブとサイドブレーキ
メガーヌ
コクピットの様子
メガーヌ
アルミ製ペダルを備える

 操作系で特異なのは走行モード。R.S.Driveボタンを押すと、エコからレースまで5モードから選択ができます。走行面では、ステアリングの重さ、そしてアクセルレスポンス、電子制御が変わります。ちなみに、レースモードにするとトラクションコントロールなどすべて解除されてしまうので注意が必要です。

 そのほか、メーターや車内照明が変わります。面白いのはパーソナルセッティングが可能なこと。メーターの形、色、そして走行面のセッティングが自分好みにできます。

メガーヌ
センターコンソールに設けられたR.S.Driveボタン
メガーヌ
走行モード切替の様子
メガーヌ
Naturalモードのメーター表示
メガーヌ
Sportsモードのメーター表示
メガーヌ
Raceモードのメーター表示
メガーヌ
Sportsモードの車内照明
メガーヌ
走行モード切替の様子

 車内は前も後ろもヌバック系に赤いステッチ。このカッコよさはスポーツグレードならではです。さらに助手席やドア部分に設けられた「ルノー・スポール」の文字が気分を盛り上げてくれます。嫌味に感じさせない辺りが、フランスのセンスなのでしょう。

メガーヌ
後部座席
メガーヌ
足元はやや狭め
メガーヌ
ドアを開けるとルノースポールの文字が出迎える
メガーヌ
助手席に設けられたルノースポールのエンブレム

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking