2019年10月17日11時00分

ソフトバンクがIGZO搭載のミドルハイ「AQUOS sense3 plus」を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

画面サイズと処理性能を強化
ミドルハイレンジを担う「AQUOS sense3 plus」

 シャープのヒット作「AQUOS sense」シリーズの最新モデル「AQUOS sense3 plus」がソフトバンクから登場。発売時期は12月上旬以降で価格は未定。

Plus
Plus

 6型フルHD+(1080×2220ドット)のIGZOディスプレーを搭載。SoCはSnapdragon 636、メモリー6GB、内蔵ストレージ128GBと必要十分なスペック。たいていのゲームが快適に遊べるだろう。

 本体サイズは約75×160×8.7mmで重さは175g(暫定値)。カメラもF1.8という明るいレンズと、高速オートフォーカス対応のデュアルピクセル対応センサーを採用。防水防塵やおサイフケータイに対応し、4000mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、普段使いにまったく問題ないモデルといえる。

Plus
Plus
「AQUOS sense3 plus」の主なスペック
メーカーシャープ
ディスプレー6.0型液晶(18.5:9)
画面解像度1080×2220
サイズ約75×160×8.7mm
重量約175g
CPUSnapdragon 636
1.8GHz+1.6GHz
(オクタコア)
メモリー6GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージmicroSDXC(512GB)
OSAndroid 9
無線LANIEEE802.11ac
カメラアウト:約1220万画素(標準、F値1.8)
+約1310万画素(広角、F値2.4)
/イン:約800万画素(F値2.2)
バッテリー容量4000mAh
ワンセグ/フルセグ×/×
防水/防塵○/○
生体認証○(指紋、顔)
USB端子Type-C
カラバリムーンブルー、ピンク(ソフトバンク限定)、ブラック、ホワイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking