2019年10月11日17時40分

Yahoo!防災速報アプリ、ユーザー同士で災害状況を共有できる機能が追加

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
7

 ヤフーは10月11日から、スマホ向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」に、ユーザー同士で現在地の状況を共有できる「災害マップ」機能を追加した。自治体や気象庁が発信する情報はもちろん、周辺ユーザーの報告も地図上で確認できる。対応OSはiOSとAndroid。

7

 現在地やユーザーが設定した地域の周辺で、災害状況についての投稿が一定数を超え、所定の条件を満たした際は、異常を知らせるプッシュ通知が届く。

7

 通知詳細画面やトップ画面から、地図上でユーザーによる災害状況の報告を見ることも可能。土砂災害や河川洪水の危険情報もあわせて確認できる。

7

 「異常感知通知」から移動した地図画面、避難情報や大雨危険度の通知画面に表示される投稿ボタンから、現在地の災害状況やライフライン状況を選択・投稿し、ほかのユーザーに共有できる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking