2019年10月09日19時45分

日高屋、店内とテイクアウトで同一価格にしたのは外国人従業員のため

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ナベコ

 唐突ですが、私は日高屋が好きで、よく行っています。

 関東地方を中心に展開する「日高屋」は、手ごろな価格のラーメンや定食を揃えた中華食堂チェーン。駅前の好立地に多いため利用しやすいのと、アルコールやおつまみメニューも豊富なので、食事だけではなく“ちょい飲み”にも便利。使い勝手のよさから、編集部でも日高屋ファンは多いです。

 大衆的な中華食堂なので、安くてお腹が満たされるというのが一番のありがたみ。ただ、同様のチェーンもほかにあるなか、日高屋の魅力はひと言で“安い”だけではなく、なんとも説明しがたい居心地のよさがあるような……。

ナベコ
ハイデイ日高 高橋均代表取締役社長(中央右)と、日高屋のCM動画を手掛けた、放送作家たむらようこ氏(中央左)。

 そんな日高屋は、10月1日に人気定番メニューである「餃子」をリニューアル。事前に開催された発表会では、日高屋を運営するハイデイ日高の取締役社長である高橋均さんと、日高屋の新ウェブCMの制作に携わる放送作家たむらようこさんが登壇しました。

 実は、たむらさんはもとから日高屋の大ファン。今回ウェブCMを手掛けるにあたって高橋社長とやりとりしたことで、あらためて日高屋の他にはない“すごさ”を発見したとのこと。報道陣に向けて、興奮気味に日高屋の魅力を語ってくれました。同じく日高屋のファンとして記者も共感したので、かいつまんでご紹介。

ガパオ汁なし麺の誕生秘話

 「ガパオ汁なし麺」は日高屋の期間限定商品として今年の春ごろに登場しました。「なぜ、中華食堂にガパオ?」「しかもガパオライスとはまた違う謎メニュー」と、日高屋ファンを困惑させました。

ナベコ
今年、期間限定メニューとして登場した「ガパオ汁なし麺」。

 発表会で明らかになったところでは、高橋社長がタイにある工場を視察で訪れた際、現地で食べたガパオライスのおいしさに感激して取り入れたメニュー。最初に販売したのは「バジルチキンライス」でした(こちらも今年初春に発売)。社員から、「麺にも合う」という提案があったので、具材の部分を麺にかけてアレンジ。日高屋にしかない唯一無二の「ガパオ汁なし麺」が生み出されたわけです。

ナベコ
こちらが実際の商品。……斬新。※写真は今年5月編集部撮影。

 開発の動機は「おいしいから、みんなに食べてもらいたい」というシンプルな想いだったそうな。

 ……ここまでが開発経緯。なるほど、と言いたいところですが、どうしても気になることがあります。そもそも、中華食堂にガパオライスってアリなんですかね?

 当然抱く疑問を、たむらさんも高橋社長に直接きいてみたそう。そこでかえってきた答えがなんかすごかった。

 「料理に国境はない!」

ナベコ
高橋社長は自ら店舗クオリティの餃子も焼けます。

 高橋社長は、グローバル化が進む中、中華とか中華じゃないとか、そんなのはあまり問題ではなく、おいしくて満足できるものを取り入れたい、そんなことを語ってくれたそう。たむらさんにとっても、忘れらないフレーズになったと。

 ほお~!

店内飲食、テイクアウトが同一価格なのは
現場の外国人従業員のため

 日高屋では一部メニューをテイクアウト対応しています。10月1日の消費増税以降は、店内飲食が10%、テイクアウトが8%と消費税率が異なります。日高屋では本体価格を調整することで、店内とテイクアウトを基本的に同一価格で提供。

 飲食チェーンの消費増税後の対応として、店内飲食とテイクアウトを同一価格に設定する例も珍しくありません。ただ、理由については、日高屋ならではの思いがあるようです。

ナベコ
放送作家のたむらようこさんは、もともと日高屋の大ファンとのこと。

 たむらさんが、店内飲食とテイクアウトを同一価格にする理由を尋ねたところ、高橋社長が真っ先にあげたのは「働いてくれている外国の方が混乱しないように」。

 日高屋は従業員に外国人を多く採用しており、現在約41%が外国人スタッフ。特にベトナムの方の比重が高く、およそ2500人在籍しているそう。慣れない海外の地で働く方にとって、店内飲食とテイクアウトで価格が異なると、混乱が生じて負担になる可能性もあります。高橋社長は一番にその点を懸念したとか。

 なお、日高屋では消費増税後も中華そば、野菜たっぷりタンメン、餃子、生ビールなど人気メニューについては税込価格を据え置き。

 お客さんにとっての利用勝手の良さを重視するのはもちろんだけど、質問して一番に出てきた回答が現場の従業員目線だったことにたむらさんは感激。ガパオ汁なし麺といったメニューひとつひとつに込められた心意気、従業員へも愛があると、日高屋への尊敬の気持ちを深めたそうですよ。

ただいま餃子170円キャンペーン

ナベコ
日高屋では餃子キャンペーン開催中。10月31日まで。

 私が日高屋に感じていた、居心地の良さや親しみやすさにも結びつくエピソードでした。なんだかすごいんですよね、日高屋って。

 さて、日高屋ではただいま、「餃子(6個)」を税込170円(本体155円)で販売するキャンペーンを開催中。お近くに日高屋がある方は立ち寄ってみて、日高屋ならではの空気感を味わってみてはどうでしょう。

ナベコ
10月1日からリニューアルした新餃子は薄皮でジューシー。お酒のおともにもぴったりです!

書いた人:記者ナベコ

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメやっています.情報募集中→【Twitter】【Facebook】

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking