2019年10月07日12時00分

UQ mobile版の「Galaxy A30」は約3万円でFeliCa&防水の良コスパ機

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
A30

 今回レビューするのはサムスン電子の「Galaxy A30」。約6.4型の有機ELディスプレーを搭載する、ミドルレンジのスマートフォンです。このモデルはau(KDDI)が6月に発売したほかに、au回線を用いるMVNOのUQ mobileとJ:COM MOBILEも取り扱っています。

 au版にはSIMロックがかかっていますが、MVNOが販売する端末はSIMロックフリーなので、他社のSIMに差し替えて使うことも可能です。海外渡航時に現地で調達したプリペイドSIMで使うこともできます。au向けモデルの端末価格が4万3200円(税込)なのに対し、UQ mobile向けモデルは3万1680円(税込)と割安。というわけで、今回はUQ mobileから借りたSIMフリーモデルを1週間ほど使ってみました。

デザインはハイエンドモデルと比べて遜色なし

 約6.4型の有機ELディスプレーの解像度は2340×1080ドット。発色は良く、文字の視認性も良好。画面の見やすさは、ハイエンドモデルと比べて遜色がない印象です。スクリーンの上部にはしずく型のノッチ(切り欠き)を設け、そこにインカメラを搭載しています。スクリーンをめいっぱい使える、昨今流行りのデザインと言っていいでしょう。

A30
約6.4型の有機ELディスプレーの画面占有率は約88.6%。左右と上部のベゼルは細めだが、下部のベゼルはやや太い。サイズは約75×160×8mmで、重さは176g

 本体の右サイドに電源ボタンと音量ボタンを搭載。左サイドにSIMスロット、下部にUSBポートと、ボタンレイアウトはベーシック。上部にはイヤホンジャックを搭載しています。最近は、USBポートがイヤホンジャックを兼ねる機種が増えていますが、充電しながら有線のイヤホンで音楽を聴けることにメリットを感じる人もいるでしょう。

A30
右側面に電源ボタンと音量ボタン
A30
左側面のSIMスロットにはnanoSIMとmicroSD(最大512GB)を装着可能
A30
上部にはイヤホンジャックを装備
A30
底部にはUSB Type-Cのポートを備える

 カラバリはブルー、レッド、ブラック、ホワイトの4色。筆者はブラックを借りましたが、やや青みがかったブラックで、光が当たると斜めに線が入るように反射します。パッと見ではブルーやレッドが目を引きますが、ブラックやホワイトも実際に手に取ってチェックすべきでしょう。

A30
背面パネルは光沢が強めでリッチな質感
A30
広角+超広角のデュアルカメラと指紋センサーを搭載

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking