2019年10月02日13時30分

全世界500台限定!EIZO初のOLEDディスプレーが登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 EIZOは同社初となる21.6インチOLEDディスプレー「FORIS NOVA」を11月1日に発売する。販売はEIZOダイレクトのみで行なわれる。全世界500台限定で、価格は税別35万円。

NOVA
本製品は2019年度のグッドデザイン賞を受賞している

 本製品は書斎などのプライベート空間の限られたスペースに置ける省スペースで、一般的な液晶ディスプレーのようにバックライトがなく、完全な黒を実現し、緻密で色彩豊かな表現ができるOLEDパネルにより、普及が進む動画配信サービスなどの高解像度映像が楽しめるとしている。

 幅広い明暗の表示が可能なHDR10や4K放送に用いられる入出力特性HLGに対応。BT.2020色域を約80%カバーし、色域の広さは一般的なディスプレーの約1.5倍を誇るという。

NOVA
NOVA
スタンド部の右に操作ボタン、左にステレオミニジャックなどを備える
NOVA
入力端子と電源端子はスタンドの底面に搭載
NOVA
音はディスプレー底面の左右のスリットから響くが、かなり小さいためヘッドホンや外部スピーカーを推奨とのこと
NOVA
操作用のリモコンも付属する

 発表会では、映像制作現場で使用されているディスプレーとの比較デモが行なわれたが、炎の赤はより色鮮やかで、黒の引き締まりが良いため、暗い場面でのモノの視認性が高く、くっきりと表現されているのが印象的だ。

NOVA
NOVA
左が映像制作現場で使用されている同社製のディスプレー、右がFORIS NOVA

 同社によると暗い場面の多いドラマや映画で活きるため、複数の動画配信サービスで配信されている「ゲーム・オブ・スローンズ」などでは効果を実感できるとのこと。

 OLEDパネルを採用した製品というと、テレビでは55インチ以上の大型なモノしかなく、ノートパソコンでは15.6インチと小型。21.6インチというサイズは、プライベート空間で動画を楽しむならちょうどよいと感じる人もいるだろう。価格は同じ21.6インチでOLEDパネル採用のASUS「ProArt PQ22UC」が税別60万円と考えると、かなりがんばっているといえる。台数限定なので、気になった人は早めにチェックしてみるといいだろう。

「FORIS NOVA」の主なスペック
パネルOLED(アンチグレア)
サイズ21.6インチ
解像度3840×2160ドット(204ppi)
表示色10億7374万色:10bit対応
視野角(水平/垂直)178度/178度
輝度330cd/m2
コントラスト比1000000:1
応答速度0.04ms
色域BT.2020カバー率80%
入力端子HDMI×2(Deep Color、HDCP2.2/1.4)
出力端子ラインアウト/ヘッドホン(ステレオミニジャック)
スピーカー1.0W+1.0W
重量約3.2kg
チルト11-30度
保証期間購入日から3年、無輝点保証は購入日から6ヵ月

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking