2019年10月01日17時30分

NTT Com、サブスクリプションビジネス向けSaaS「Subsphere」提供開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
NTT Com Subsphere

 NTTコミュニケーションズは9月30日、サブスクリプションビジネスを始める事業者向けに、サービス運用に必要な機能を一元的に提供するSaaS「Subsphere 」を開始した。

 同社の企業向けデータ利活用プラットフォーム「Smart Data Platform」における「Apps on SDPF」のひとつとして提供される。サブスクリプションビジネスを行なうために必須となる顧客管理、契約管理や課金・請求管理などの基本機能を備え、手間なくスピーディーにビジネスを開始することができるという。

 目的に合わせて「TypeA(powered by Smart Billing)」と「TypeB(powered by Bplats)」の2種類が用意される。基本機能に加えて、TypeAでは複雑な料金設定や既存システムとの連携機能も提供する。TypeBではオンラインストアや会員向けページなどの顧客接点を立ち上げることが可能な「フロント機能」、仕入先や販売パートナーとのデータ連携を可能にする「商流管理機能」が提供される。

 サブスクリプションビジネスは商品やサービスを販売するだけのビジネスと異なり、顧客との継続的なエンゲージメントを獲得することが可能なことから、顧客の反応をデジタルデータとして継続的に取得して利活用し、Smart Data Platformとの連携でデジタルトランスフォーメーションを実現できるという。

 価格は、TypeAが初期費用400万円(税抜)/440万円(税込み)から、月額料金20万円(税抜)/22万円(税込み)から。TypeBが初期費用150万円(税抜)/165万円(税込み)から、月額料金15万円(税抜)/16万5000円(税込み)から。詳細はNTT Com営業担当者まで問い合わせ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking