2019年09月26日11時00分

有機ELでの写真・動画編集を堪能できる高性能さも魅力の15.6型ノートPC

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
daiv
「DAIV-NG5820」

 マウスコンピューターが販売する「DAIV-NG5820」シリーズは、クリエイター向けブランド「DAIVシリーズ」の最新モデルだ。ノートパソコンとしては使い勝手のよいスタンダートサイズの15.6型ディスプレーを採用。6コア/12スレッドで動作するインテルの第9世代Core「Core i7-9750H」と、GPUに6GBのビデオメモリーを搭載した「GeForce RTX 2060」を搭載し、デスクトップマシンに迫るパフォーマンスを持っている。

 また、DAIV-NG5820は、一般的な液晶パネルではなく、有機ELパネルを採用しているのが大きな特徴。背面からバックライトでの透過で色を再現する一般的なディスプレーと違い、有機ELパネルは素子そのものが発光し、ピクセル単位で明るさの制御を行なえるため、黒の締りやハイライト部やシャドー部の微妙なグラデーションの再現性が高く、メリハリがあって高いコントラストでの表示が可能になっている。加えて、DAIV-NG5820の有機ELパネルは、3840x2160ドットの4K表示が可能なほか、Windows 10のHDR機能にも対応している。

 今回は、DAIV-NG5820シリーズの中でも最上位となるDAIV-NG5820U1-VGをじっくり触ってみたので、外観や使い勝手、性能などを紹介する。

試用機の主なスペック
機種名 DAIV-NG5820U1-VG
CPU Core i7-9750H(2.6GHz、6コア/12スレッド)
グラフィックス GeForce RTX 2060(6GB GDDR6)
メモリー 32GB(16GB×2)
ストレージ 512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)×2、1TB SSD
ディスプレー 15.6型(3840×2160ドット)、有機EL(DCI-P3比100%)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.0×3、USB 3.1(Type-C)端子、Thunderbolt 3端子、HDMI端子、Mini DisplayPort、ヘッドフォン出力/ヘッドセット端子、マイク入力端子、有線LAN端子、SDカードスロット(UHS-II対応)
内蔵カメラ 100万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅359×奥行257.8×高さ29.9mm/約2.4kg
OS Windows 10 Home(64bit)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking