2019年09月24日15時00分

広視野角ARデバイス「DraemGlass Air」、クラウドファンディングで8500万円以上を調達

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
DraemGlass Air

 Kickstarterでクラウドファンディング中の広視野角のARデバイス「DraemGlass Air」が、9月12日時点で78万ドル超(およそ8500万円)を調達して話題を集めている。

 Dreamworld Vision社が開発を進めているARヘッドセットで、8月末にKickstarterでクラウドファンディングが開始された。100型相当に見える2.5K解像度のディスプレーを備え、90度の視野角を実現。複数画面を表示する機能も搭載しているという。折りたたんで持ち運べるほか、Android搭載スマホやiPhone、iPad、PS4、Xbox、Nintendo Switchなどのゲーム機にも接続して使用できる。

DraemGlass Air

 ただし、このデバイスは「HoloLens 2」や「Magic Leap One」のようなAR/MRヘッドセットと異なり、CPUなどの処理機能を搭載しておらず、あくまで「プライベートなスクリーン」として機能するよう設計されているとのこと。出荷は2019年12月の予定。Kickstarterでは289ドルから支援が可能(記事執筆時点、数量限定)。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking