2019年09月20日14時00分

ロジクールがワイヤレスキーボード「MX KEYS」を発表、快適タイピング感重視のプロモデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Logicool
MX KEYSの商品企画を担当するLogitech Internationalのオリビア・ヒルデブラン氏に商品の特徴についてインタビューした。

 ロジクールが9月18日に発表した、Bluetoothワイヤレスキーボードのハイエンドモデル「MX KEYS」。発売日は9月26日を予定する。価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は1万4500円前後(税抜)になる見込み。日本国内で発売されるモデルは日本語キー配列になる。カラーバリエーションはグラファイトの1色のみだ。

Logicool
ロジクールのBluetoothワイヤレスキーボードの上級モデル「MX KEYS」。現行上位モデルのCRAFTを超える快適なタイピング感を追求した。

 本誌ASCIIでは7月下旬に、ロジクールの本社Logitech International(以下 Logitech)がスイス・ローザンヌに構える開発拠点を訪ねた。そこで、新しいMX KEYSの詳細な説明を受けている。ここではプロダクトマネージャーのオリビア・ヒルデブラン氏へのインタビューとともに新製品の詳細をお届けしよう。

ホイール付きのCRAFTは併売、ツートップになるハイエンド機

 現行のハイエンドモデルである「CRAFT」は本体に搭載するコントロールホイールを使って、アドビのクリエイティブ系アプリケーションやマイクロソフトのオフィス統合アプリケーションのキーツールに素早くアクセスできる機能を載せた画期的なワイヤレスキーボードだ。

Logicool
Logitechのプレス向けイベントで公開されたMX KEYSのグローバルモデル。日本で発売される製品は日本語キー配列になる。

 新しく発表されたMX KEYSはCRAFTと併売されるツートップのハイエンドモデルに位置付けられる。MX KEYSではキータイピングの快適さを高めるとともに、省電力機能、生産性を向上。その他随所にブラッシュアップを図った。PCのプラットフォームはWindows、macOS、Android OS、iOSに加えて新たにLinuxもサポートする。

Logicool
同時期に発売されるワイヤレスマウスの最上位モデル、MX MASTER 3と質感や使い勝手を統一した。

 ヒルデブラン氏は両製品のポジショニング分けについて「CRAFTがクリエイター向け、MX KEYSはタイピング重視のプロモデル」と説明している。Linuxを採用した理由は「プログラマーにもMXシリーズを愛用するユーザーが多く、彼らの声に応えるため」であるとした。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking