2019年09月18日13時40分

Amazon、巨大ロッカーで荷物受け取り可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

 アマゾンジャパンは9月18日、新しい製品受け取りサービス「Amazon Hub」を開始すると発表。

 Amazon.co.jpで購入した製品をロッカーで受け取れる「Amazon Hub ロッカー」と、店員から直接受け取れる「Amazon Hub カウンター」を用意する。

荷物受け取り専用ロッカーを東京などに設置

 Amazon Hub ロッカーでは、アマゾンジャパンはファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオなどと業務連携し、荷物受け取り専用のロッカーを設置。2019年度内に、東京と神奈川を中心に100店舗に設置する予定だという。

1

 ユーザーは注文時に希望のロッカーを指定。配達が完了すると、受け取り準備完了の通知メールを受け取れる。ロッカーのスキャナーでメールに記載された受け取りバーコードを読み取ると、ロッカーが開き、注文した製品を入手できる。

1
1

 ファミリーマートとの業務連携では、ファミリーマート各店にAmazon Hub ロッカーを設置する。サービスの利用時間は24時間で、店舗の営業時間により異なる。保管期間は3日間。2019年度内に約50店舗に設置を目指すという。

店員から荷物を受け取れるサービスも

 Amazon Hub カウンターでは、アマゾンジャパンはecboとりらくと業務連携する。保管期間は14日間。2019年度内に、東京と神奈川を中心に100店舗で実施予定とのこと。

1
1

 アマゾンジャパンの社長であるジェフ・ハヤシダ氏は「ドライバーの皆様の再配達に関する負担を軽減することは大きな課題」と前置きした上で、「今年2月から開始から置き配配達に加え、Amazon Hubの導入により、再配達を軽減し、お客さまの利便性をさらに向上させ、ドライバーの皆様への大きな支援になると考えております」と意気込みを述べた。

1
りらく代表取締役社長兼CEOの二瓶拓穂氏,富士シティオ代表取締役会長の菊池淳司氏,ファミリーマート代表取締役社長の澤田貴司氏,アマゾンジャパン社長のジェフ・ハヤシダ氏,ecbo代表取締役社長の工藤慎一氏、小田急電鉄代表取締役社長の星野晃司氏(左から順に)

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking