2019年09月13日09時00分

iPhone 11 ProはJKが気になるワイドセルフィーを試したい【鈴木朋子】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

インカメラの進化にJK大歓喜
ワイドやスロー撮影に期待大

 「彼氏がAndroidだったらマジ機種変させるわ」なんて言っちゃうギャルJKを取材してきた鈴木朋子です。超広角、広角、望遠の3つのアウトカメラを備えるiPhone 11 Pro。このトリプルカメラがタピオカに似ているとSNSで話題になりましたよね。うんうん、JK語でいえば「タピってる」。もはやカメラはスマホのメイン機能とも言えますから、これは大注目の進化です。

 でも私が気になるのは、インカメラ。iPhone大好き女子たちは、セルフィーも大好き。つい数年前はアプリでバリバリ加工していた彼女たちですが、現在はナチュラルな盛りが流行しています。「現実カメラ」とも呼ばれる、iPhoneのカメラで撮影したそのままが一番だという女子高生も。時代は変わってきましたね。

セルフィー
大幅に進化したインカメラ

 iPhone 11 Proのインカメラ(TrueDepthカメラ)は、1200万画素、F2.2、4Kビデオ撮影のほか、スローモーション撮影「Slofie」も可能。また、イベントに参加した方によると、ワイドセルフィーに対応したとのこと。画角については公式情報がないのですが、背景を入れたいがためにGoProを買う女子もいるほどですから、広角は期待が高まるポイントです。

 と言いながら、私は久々にiPhone購入を見送ろうと思っています。なぜなら、私が買いためた使いづらいiPhoneケースたちが合わないから。さらに、愛用している初代Apple WatchがwatchOS 6非対応。ということで、今回はApple Watchの購入を検討中なのです。もっとも欲しい「Apple Watch Hermes ステンレススチールケースとドゥブルトゥール」は14万9800円……。うーん、働きます。

鈴木
筆者所有のiPhoneケースの一部

筆者紹介:鈴木朋子


鈴木

 ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しい。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親が知らない子供のスマホ」(日経BP社)など多数。



■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking