2019年09月11日19時45分

10.2型の新型iPad発表! iPadシリーズを詳細スペックで比較

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone 11とともに突如登場した10.2型の第7世代iPad。2018年モデルや併売となるiPad Air、iPad mini、iPad Proを含めて、詳細なスペック表を作成した。

11
iPad3モデルで比較。一番左のiPad Airとその隣の今回発表された10.2型の無印iPadでは本体がほぼ同じで、画面サイズが異なっていることがわかる

iPad Airのサイズに2018年モデルのiPadの性能を搭載
厚みやCPUの古さは目立つが、最廉価のiPadとしての位置付け

 無印iPadは昨春以来のリフレッシュだが、その間に登場したiPad AirやiPad mini、iPad Proとスペックを比較するとその立ち位置がハッキリと見える。

 まず縦横のサイズは10.5型のiPad Airと同じ、このサイズの筐体に従来の無印iPadの機能を持ってきた結果、9.7型から10.2型へと画面サイズが若干大型化したのが、今回の2019年モデルのiPadとなる。

 そのため、厚みは7.5mmとやや分厚めで、インカメラも1.2メガ止まり。CPUもすでに3世代前となったA10だ。一方で、第1世代Apple Pencil対応は継続されているし、さらにカバー型キーボードの「Smart Keyboard」がオプションで用意されたのは、従来の無印iPadや現行iPad miniにはないメリットとなっている。

11
最廉価のiPadながら、Smart Keyboardにも対応。iPadOSと組み合わせて仕事でも使えそうだ

 とは言え、最注目は価格だろう。Wi-Fi版なら、日本で3万4800円~という価格は円高もあり、従来モデルより安価に設定されている。CPUなどは正直物足りない部分はあるものの、iPadOSが登場する今、最も手に入れやすいiPadとして、その価値は高まりそうだ。

 iPad
(2019)
iPad Air
(2019)
iPad mini
(2019)
iPad
(2018)
価格3万4800円~5万4800円~4万5800円~3万7800円~
ストレージ32/128GB64/256GB64/256GB32/128GB
ディスプレー10.2型液晶10.5型液晶7.9型液晶9.7型液晶
画面解像度2160×16202224×16682048×15362048×1536
画素密度264ppi264ppi326ppi264ppi
サイズ250.6×174.1
×7.5mm
250.6×174.1
×6.1mm
203.2×174.1
×6.1mm
240×169.5
×7.5mm
重量(Wi-Fi)483g456g300.5g469g
CPUA10A12A12A10
カメラ8メガ(F値2.4)
インカメラ1.2メガ
(F値2.2)
7メガ(F値2.2)1.2メガ
(F値2.2)
生体認証Touch ID
無線LAN802.11ac(MIMO対応)
防水防塵×
Apple Pencil○(第1世代)
Smart Keyboard×
コネクタLightning
動作時間
(ネット)
最大10時間
バッテリー32.4Wh30.2Wh19.1Wh32.4Wh
ワイヤレス充電×
カラバリシルバー、スペースグレイ、ゴールド
 11インチiPad Pro
(2018)
12.9インチiPad Pro
(2018)
価格8万9800円~11万1800円~
ストレージ64/256/512GB、1TB
ディスプレー11型液晶12.9型液晶
画面解像度2388×16682732×2048
画素密度264ppi
サイズ247.6×178.5
×5.9mm
280.6×214.9
×5.9mm
重量(Wi-Fi)468g631g
CPUA12X
カメラ12メガ(F値1.8)
インカメラ7メガ(F値2.2)
生体認証Face ID
無線LAN802.11ac(MIMO対応)
防水防塵×
Apple Pencil○(第2世代)
Smart Keyboard
コネクタType-C
動作時間(ネット)最大10時間
バッテリー29.37Wh36.71Wh
ワイヤレス充電×
カラバリシルバー、スペースグレイ

スペックについて、一部間違いがありました。お詫びして修正いたします。(9/12 19:15)


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking