2019年09月06日18時00分

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンが“h.ear”シリーズで登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
20190906sonyifa
ソニーからは完全ワイヤレスイヤホンを含む“h.ear”シリーズが登場

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンが
“h.ear”シリーズとして登場

 ソニーは2019年9月5日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催されたIFA 2019の会場にて完全ワイヤレスイヤホンを含むヘッドホン・イヤホンの製品群を発表した。

20190906sonyifa
プレスカンファレンスでも発表された「WI-1000XM2」

左右同時接続&カラバリの
完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」登場

 注目の完全ワイヤレスイヤホンとして「WF-H800」が初披露された。

20190906sonyifa
完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」も初披露。カラバリのオレンジ

 ソニーのミドルクラス&デザイン志向の“h.ear”シリーズから登場する最新モデルで、IFAの会場で出展されていたカラーはブラック、レッド、ブルー、オレンジ、アッシュグリーンの5色。それぞれがツートーンカラーのファッショブルなデザイン。なお、カラーバリエーションは同時に発表されたAndroid搭載のウォークマンともカラバリが揃えられている。

20190906sonyifa
「WF-H800」のレッドは強烈なツートーン
20190906sonyifa
人気色になりそうな「WF-H800」のグリーン

 「WF-H800」にはソニーのハイレゾ再生技術として全ての音源もハイレゾ化して高音質に再生する「DSEE HX」を搭載。ワイヤレス伝送には「WF-1000XM3」と同じチップを採用することで、左右同時転送方式で音切れのしにくさと低遅延性能を確保。ただし、ノイズキャンセルは搭載していない。

 イヤホン本体はソニーの完全ワイヤレスイヤホンとして最小・最軽量で本体重量は7.6g。本体の連続再生時間は8時間と長時間再生が可能だ。なお、付属の充電ケースも小型化されており、イヤホン充電は1回のみの合計再生時間は16時間。10分充電で70分連続再生のクイックチャージにも対応している。

 IFA 2019の出展としては「WF-H800」は欧州で発売予定がないためショーケースのなかに収めて展示されていたのみ。価格の案内も行なわれなかった。アジアで順次発売を予定していとのこと。

“h.ear”シリーズのワイヤレスヘッドホンも登場

 完全ワイヤレスイヤホンと同じ“h.ear”シリーズには、ワイヤレスヘッドホン2機種も披露された。

 共通の新開発の25mmドライバーを搭載したモデルで、「WH-910N」はオーバーイヤー型のワイヤレスヘッドホンでノイズキャンセル対応。ノイズキャンセル機能でデュアルセンサーテクノロジー技術とミドルレンジのノイズキャンセル性能に外音コントロール機能を搭載。DSEE HXによるすべての音源のハイレゾ音源化とLDACコーデックのハイレゾ仕様だ。最大約35時間の連続再生、10分充電で2時間半再生のクイック充電に対応。

20190906sonyifa
「WH-910N」のレッド

 IFA 2019の会場内では、ウォークマンとカラーコーディネートした形で出展。WH-910Nは欧州では12月以降順次発売予定で、300ユーロ(約3万5500円)を予定している。日本での発売は未定。

20190906sonyifa
IFA会場内では新ウォークマンと組み合わせて出展

 「WH-H810」はオンイヤー型のワイヤレスヘッドホンで、DSEE HXによるすべての音源のハイレゾ音源化、AAC/LDACコーデック対応とハイレゾ級の高音質モデルだが、こちらはノイズキャンセルには非対応。最大約30時間の連続再生、10分充電で3時間半再生のクイック充電に対応。

20190906sonyifa
オンイヤー型の「WH-H810」のオレンジ
20190906sonyifa
「WH-H810」のレッド

 「WH-H810」も欧州で発売予定がないためショーケースに収めて展示されていたのみ。アジアで順次発売を予定していとのこと。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking