2019年08月24日12時00分

スマホ用スタビライザーの決定版「Osmo Mobile 3」はiPhoneでの使い勝手が最高

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホで動画撮影する機会が多いなら、スタビライザーをつねに携帯したいところ。でも結構かさばるんですよねぇ。そこで今回レビューするのが、DJIの折り畳み式モバイルジンバル「Osmo Mobile 3」(以下、OM3)です!

OSMO
「Osmo Mobile 3」直販価格1万3500円~

大きめのジャンパーなら
ポケットに入る折り畳み式小型ボディー

 OM3最大の特徴はやはり携帯性。本製品はアームの根本から折りたたみ可能となっており、展開状態では285×125×103mmですが、折りたたみ状態では157×130×46mmと非常にコンパクト。ちょっと大きめのジャンパーなら、ポケットに入りそうなサイズ感です。

 しかも、約15時間駆動可能な2450mAhのバッテリーを内蔵しているにもかかわらず、重量は約405g。バッグで毎日携帯していても負担にならない重量と言えます。

OSMO
折りたたみ状態では157×130×46mmと非常にコンパクト。出っ張りが少ないのでバッグへの出し入れもスムーズです

ハードケースと三脚をセットにした
「コンボ」に人気が集中

 なおOM3には、本体、電源ケーブル、収納ポーチ、リストストラップ、滑り止めパッド×4を同梱した「Osmo Mobile 3」(1万3500円)と、これらにOsmoグリップ式三脚、Osmoキャリーケースを加えた「Osmo Mobile 3 コンボ」(1万5660円)の2種類が用意されています。

 たしかに、Osmoキャリーケースは純正だけにピッタリサイズのハードケースなのですが、それでもちょっとかさばるんですよね。個人的には、よほど手荒に持ち運ばない限りは収納ポーチで十分かなと思います。仕切りのあるバッグに入れるなら、収納ポーチすら不要です。

 またOsmoグリップ式三脚は実測で全長が約14cm、重量が約72gとコンパクトかつ軽量なのですが、サードパーティーからも安価な製品が数多く出ています。純正にこだわる必要はないかと。

 記事執筆時点で「Osmo Mobile 3 コンボ」は納期が1~2ヵ月となっています。夏の思い出を撮影するために早くゲットしたいのなら、標準モデルにサードパーティー製ミニ三脚を組み合わせることをオススメいたします。

OSMO
本体の右にあるのがOsmoキャリーケース、本体の上にあるのがOsmoグリップ式三脚。ケースはともかくミニ三脚は、サードパーティー製にも優れた製品が存在します。ちなみにOsmo Mobile 3の標準モデルを購入した筆者は、ミニ三脚はPGYTECH製「Tripod Mini」(1944円)を買いました
OSMO
「PGYTECH Tripod Mini」は素材に航空アルミニウム合金とABSを使用。62.4gとOsmoグリップ式三脚よりも約9.6g軽量です。ただし重心が少し高めですね

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking