2019年08月22日18時00分

中学生の要望に応えた録音ラジオ「TY-CB100/TY-RHR1」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
東芝、中学生語学学習ラジオ
「TY-CB100」(左)、「TY-RHR1」(右)

 東芝エルイートレーディングは8月22日、自宅での効率的な語学学習に向けたポータブルオーディオとして、CDラジオ「TY-CB100」と録音ラジオ「TY-RHR1」の2機種を発表。8月下旬に発売する。

 同社が行なった中学生へのヒアリング調査の結果を反映した機能を搭載している。「自分の発音を確認したい」という要望に応え、両モデルとも内蔵マイクを搭載する。また、SD/SDHCカードへの録音/再生機能、語学学習に便利なスピードコントロール再生/リピート再生といった機能を備える。

東芝、中学生語学学習ラジオ
「TY-CB100」利用イメージ 

 TY-CB100は「お風呂の時間も無駄にせず、英語を聴きたい」という要望に応えて入浴中でも使えるIPX5の防水仕様とした。SDカードスロットに加えてCDの再生も可能。さらにBluetooth 4.2通信機能も備え、オーディオをBluetoothスピーカーやBluetoothイヤフォンで聴くことや、スマホと接続してハンズフリー通話を行なうことも可能。

東芝、中学生語学学習ラジオ
「TY-RHR1」は「基礎英語1・2・3」をワンタッチで録音予約が可能 

 TY-RHR1には3つのタイマー予約ボタンを備え、NHKラジオ第二放送の「基礎英語1・2・3」の録音予約設定がワンタッチで行なえる仕様としている。また、SDカードスロットのほかUSBポートを備えてUSBメモリーにも対応。

 両モデルともAC100Vまたは単3乾電池(TY-CB100は4本、TY-RHR1は6本)で動作。価格はオープンプライス。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking