2019年08月21日20時30分

Bluetooth 5.0とaptX LL対応のトランスミッター&レシーバー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Bluetooth 5.0とAPT-X LL対応のトランスミッター&レシーバー

 AUKEYは8月21日、Bluetooth 5.0とaptX Low Latency対応のトランスミッター「AUKEY BT-C6」を発売した。

Bluetooth 5.0とAPT-X LL対応のトランスミッター&レシーバー

 1台でトランスミッターとレシーバーを兼用できる。トランスミッターとして使用する場合は、Bluetooth非対応のテレビやプレーヤーなどに有線接続して、音声をBluetoothで転送。Bluetooth対応スピーカーやヘッドセットで聞ける。

Bluetooth 5.0とAPT-X LL対応のトランスミッター&レシーバー
Bluetooth 5.0とAPT-X LL対応のトランスミッター&レシーバー

 レシーバーとしてする場合は、Bluetooth非対応のスピーカーなどに有線接続し、音声をBluetoothで受信。スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで聞ける。送受信ともに最大2台のBluetooth機器に接続が可能。

 aptX LL対応のため、オーディオの遅延を軽減し、圧縮率が低いため音質の劣化が少ないという。そのほかの対応コーデックはAAC、SBC、aptX。

Bluetooth 5.0とAPT-X LL対応のトランスミッター&レシーバー
Bluetooth 5.0とAPT-X LL対応のトランスミッター&レシーバー

 対応プロファイルはA2DPとAVRCP。周波数範囲は2.402GHz~2.480GHz。最大通信距離は10m。光デジタルケーブル、3.5mmオーディオケーブル、RCAオーディオケーブルなどが付属する。

 サイズは縦67×横67×高さ20mm、重量は43g。価格は4318円。

●関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking