2019年08月12日10時00分

小型2in1 PCやトリプルカメラスマホとLGの見慣ぬモバイル製品をチェック

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
458
LGが出している小型2in1 PC

 スマートフォンやノートPCを数多く出しているLGエレクトロニクス(以下、LG)ですが、日本ではどちらかといえば高性能なPC用ディスプレーや家電に力を入れています。1㎏を切る超軽量のノートPC「LG gram」など面白い製品も出していますが、海外ではそれ以外にも注目すべき端末をいろいろと出しています。

 たとえば「LG 2in1」。その名の通り、2in1のノートPCです。LGはgramシリーズにも2in1 PCを用意していますが、こちらの製品は低価格・小型が特徴の「10T370-L860K」。ディスプレーサイズは10.1インチ(1280×800ドット)、メモリーがDDR3L 1600 2GB、内蔵ストレージがeMMC 64GB。特定の学習ソフトやウェブを使うといったライトユース向けのスペックです。

458
小中学生向けともいえるスペックを抑えたLGの2in1 PC

 重量は本体510g、キーボードが490g。サイズは173.2×244.2×17.5mmと、学生のカバンにもラクに入る大きさです。キーボードは充電不要で使えます。価格は約50万ウォンと、日本円で約4万4000円という価格。学生、といっても高校生や大学生ではなく、小学生や中学生向けの製品といえるかもしれません。スペックが低い分ゲームには向きませんが、そのほうが勉強に打ち込めていいのかもしれませんね。

458
タブレット側は約500g。スペックは低くともPCとして使える

 LGの製品がよく売られているのはやはり韓国。電脳ビルなどにもLGのPCやスマートフォンは売られていますが、LGは自社製品を扱う「LG BEST SHOP」を韓国全土に展開しています。江南区役所そばにあるフラッグシップストアは、スマート家電やスマートTVまですべてがそろうLGの総合デパート。ここに行くと日本では見慣れぬLGの製品に出会うことができます。

458
LG専門店、LG BEST SHOPの江南旗艦店

 韓国のスマートフォンは基本的にはキャリア販売。ただし、元からSIMロックはかかっていません。そのため単体で入手すれば、他国のSIMを入れて使うことも可能です。街中のキャリアの店では単体販売はしていませんが、LGの店舗では定価に10万ウォン(約8700円)を追加すれば単体で購入できるものもあります。製品の中には海外より先に韓国で先行販売されるものもあります。

458
LGのスマートフォンが集結、海外未発売品もある

 一番の目玉は、外付けディスプレーカバーで2画面になるLG V50 ThinQ。価格は10万円をこえますが、2つの画面で2つのアプリを使うことができるのは便利です。不要な時はカバーを外せば普通のスマートフォンとしても使えます。ただ、このカバーは現在品切れ中とのこと。多くの購入者が同時にカバーを買うので、生産が追い付いていないようです。

458
2画面スマホに変身できる、LG V50 ThinQ

 ミッドレンジ製品で注目は「X6」。海外では「Q60」として販売されているモデルで、約3万円の低価格ながらもMILスペックに対応。ディスプレーは6.26型(1520×720ドット)、CPUはHelio P22、メモリー3GB、内蔵ストレージ64GB。カメラはこのクラスでも充実しており1600万画素+200万画素+500万画素のトリプル仕上げです。

458
韓国ではXシリーズとして販売される「X6」

 日本よりも先に通信料金の大改革に踏み切り、「iPhone無料」といったゆがんだ販売を撤廃した韓国では、それなりのスペックで十分な消費者向けにミッドレンジ端末が多数販売されています。X6はそんなコスパ重視のユーザーにも、トリプルカメラの体験を提供する意欲的な製品なのです。

458
背面のミラー仕上げも美しく安っぽさはない

 低価格端末といえば3GフィーチャーフォンもLGは多く出してきました。日本でもいまでもフィーチャーフォンユーザーは一定の数いますから、再びLGの「ガラホ」タイプの製品を日本に出してほしいものです。

458
3Gフィーチャーフォンも定期的に出しているLG

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking