2019年07月26日17時00分

ソニー、1型コンデジ「RX100 VII」発表 「α9」同等の機能を搭載

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー「RX100 VII」

 ソニーは7月26日、コンパクトデジカメ「RX100」の処理速度を向上させるなどした新モデル「RX100 VII(DSC-RX100M7」を発表。8月30日に発売する。

 1型積層CMOSセンサーと24~200mmレンズを搭載するのは従来モデル「RX100 VI」と同様だが、信号処理性能を向上させて同社の「α9」と同等としており、撮像素子も新開発。処理速度アップによってAF性能や連写性能が向上しており、連写性能はAF/AEの追従連写でも最高20コマ/秒、連写中もEVFや液晶ディスプレーへは60コマ/秒で表示。また、1回のシャッターで最高90コマ/秒の連写を行なう機能も追加された。

 リアルタイム画像認識によってAF/AEを被写体に追従させる「リアルタイムトラッキング」や、顔認識(人物/動物)の瞳にAFを追従させる「リアルタイム瞳AF」が追加され、これらの機能は動画撮影時にも利用できる。

ソニー「RX100 VII」
連写中もEVFや液晶ディスプレーのブラックアウトがなくなり被写体を追いやすくなった

 また、4K動画撮影機能は画素加算のない全画素読み出しとなり、動画撮影の手ブレ補正も強化されて従来機と比べて最大およそ8倍の補正効果が得られるとしている。

ソニー「RX100 VII」
本体にはマイク端子が新たに追加され、マイクや照明などをセットして動画制作に便利なシューティンググリップがアクセサリーとして用意される(本体に付属するセットとしても販売)

 このほか、タッチ操作による静止画・動画撮影時の被写体への追従「タッチトラッキング」や、ファンクションボタンのカスタマイズなども機能強化が図られている。予想実売価格は15万6600円前後。7月31日10時に予約販売の受付を開始する。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking