2019年07月25日06時30分

電動キックボードのシェアサービス「LUUP」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「LUUP」は電動キックボードのシェアリングサービスだ。2018年設立のベンチャー企業、Luupが運営・提供する。

02

 アプリからLUUPの電動キックボードを探し、アプリ上で見つけた好きな場所で借り、好きな場所で返すことができる。

02
02

 安全制御システムとして、GPSで走行位置を特定し、危険エリアでは速度を制限。また、走行ログから急加速や蛇行などの危険運転を検知し、危ない運転者にペナルティーを付与して貸し出しを制限することもできるという。


 同社は電動キックボードのシェアリング事業を通じて、住民の移動効率の向上・駅から遠い不動産や店舗の価値向上・観光客の利便性向上を目指している。その取り組みとして、新しい公共交通と観光に関する連携協定を自治体(浜松市・奈良市・四日市市・多摩市・横瀬町)と締結。多摩中央公園やはままつフルーツパーク時之栖にて、安全性・利便性を検証する実証実験を実施した。

02
静岡県浜松市・奈良県奈良市・三重県四日市市・東京都多摩市・埼玉県横瀬町と連携協定の基本合意書を締結
02
多摩中央公園の芝生エリアでの電動キックボード体験

 現時点では、道路交通法における事情により公道走行の具体的な予定は決まっていないという。実証実験を通じて、地域の回遊性向上や活性化、活用のルールづくり、公共交通網の補完機能、電動キックボードの活用可能性などについて検討していくという。

 移動手段だけではないが、個人利用のモビリティ―がラストワンマイルの問題をどう変えていくのか期待している。キックボードの次、またはその次の世代においては公共交通機関の人手不足や高齢化問題を解決に導く、地方の有力な移動手段の代替えになってほしい。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking