2019年07月22日13時00分

2万円以下と廉価な8月販売予定X570搭載mATXマザーもチラ見せ!AMD FAN FESレポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

第3世代RyzenではPCI Express Gen4のSSDが利用でき、大きく性能が向上とアピール

AmdFanFes
ステージに展示されたIntel+NVIDIAのシステム(左)とAMDのシステム(右)

 イベントでは日本AMD株式会社 ジャパンマーケティング本部 スペシャリスト 佐藤美明氏による、AMD製品の説明などが行なわれた。佐藤氏が担当したのは、AMDのRyzenに関するセッションが2回、Radeonに関するセッションが1回で、それぞれ6月の上旬にロサンゼルスで行なわれたAMDの記者会見で発表されたデスクトップ・プロセッサの「第3世代AMD Ryzenプロセッサー」(以下第3世代Ryzen)および、グラフィックスボードの「AMD Radeon RX 5700グラフィックス」(以下Radeon RX 5700シリーズ)という新しいアーキテクチャのCPU、GPUに関しての説明を行なった。

AmdFanFes
日本AMD株式会社 ジャパンマーケティング本部 スペシャリスト 佐藤美明氏
AmdFanFes
左側のマシンがIntel「Core i9-9700K」+NVIDIA「GeForce RTX 2060 SUPER」+CFD「PG3VNF」1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF、ただしPCIe Gen3で動作)、右側のマシンがAMD「Ryzen 7 3700X」+AMD「Radeon RX 5700」+CFD「PG3VNF」1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF、PCIe Gen4で動作)

 第3世代Ryzenに関しては、ロサンゼルスで行なわれた第3世代Ryzenの発表会などで説明された特徴が説明され、従来からのRyzenの特徴だったマルチスレッド時の性能だけでなく、シングルスレッド時の性能が向上しているとアピールした。

 また、佐藤氏は、Intel「Core i9-9700K」+NVIDIA「GeForce RTX 2060 SUPER」+CFD「PG3VNF」1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF、ただしPCIe Gen3で動作)と、AMD「Ryzen 7 3700X」+AMD「Radeon RX 5700」+CFD「PG3VNF」1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF、PCIe Gen4で動作)というシステムを利用して、CrystalDiskMarkを利用したSSDのベンチマークを行なった。

AmdFanFes
CFD販売のセッションではPhisonのエンジニアも登壇
AmdFanFes
両方同時にスタート
AmdFanFes
結果
AmdFanFes
Intel Core i9-9700K+NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER+CFD PG3VNF 1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF、ただしPCIe Gen3で動作)の結果
AmdFanFes
AMD「Ryzen 7 3700X」+AMD「Radeon RX 5700」+CFD「PG3VNF」1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF、PCIe Gen4で動作)の結果

 CFDの「PG3VNF」1TB(CSSD-M2B1TPG3VNF)はPhison製コントローラ「PS5016-E16」を利用してPCI Express Gen4に対応したSSDで、第3世代RyzenでPC向けのプラットフォームとしては初めてサポートされたPCI Express Gen4モードで動かすことが可能になっている。

 佐藤氏のセッションに先駆けて行なわれたCFD販売株式会社 事業推進部 コンポーネントマーケティンググループ リーダー 新垣裕一氏のセッションではそのPhison社のエンジニアが紹介されるなどした。そしてその比較では、シーケンシャルリード(Q32T1)ではIntel側が約3460MB/秒だったのに対して、AMD側では約4976MB/秒と、同じSSDなのに約44%も性能が向上するとデモされた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking