2019年07月22日11時00分

【無料セミナー】資金調達と知財戦略の関連とは【7/26福岡開催】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ベンチャー、スタートアップを応援する特許庁は、ASCII STARTUPとFukuoka Growth Nextの協力のもと、スタートアップが知財戦略と資金調達がどう結びつくのか、識者による勉強会セミナーイベント“スタートアップの資金調達と知財戦略の関係をつくる スタートアップ×知財コミュニティイベント by IP BASE in 福岡(特許庁ベンチャー支援班)”を、2019年7月26日(金)に「Fukuoka Growth Next」で開催します。

920-450

ASCII STARTUP週末かわら版

 ベンチャー、スタートアップ企業がビジネスを推し進めていくために、独自のサービス、製品、ブランドなど、自分たちの創作してきたものを守るのが、特許や商標、意匠といった知的財産権です。知財戦略はスタートアップにとって必要不可欠なものでありながら、限りある時間の中でどうしても後回しにされがちです。さらにスタートアップのビジネスは大手企業とは違った知財戦略が必要になるケースが多く、それを支援するためには弁理士や知財関係者がスタートアップのビジネスモデルを良く知る必要があります。

 弁理士や知財関係者がスタートアップ支援に必要な知識、スキルを知るとともに、スタートアップ支援を業務としていく具体的なモデルを描けるようにしていく。さらにはスタートアップには創業期、成長期における弁理士や知財関係者の活用方法を知ってもらう。そのため、両者の実態がわかるセミナーとともにスタートアップと知財関係者とのネットワーキングの場を提供していきます

 第1部では特許庁スタートアップ支援班による、スタートアップの知財戦略についての取り組みの紹介に加え、本セミナーのメインテーマでもある「資金調達と知財」について、投資家また知財関係者に話を聞くセッションにて、スタートアップの資金調達と知財戦略の関係性について深く追求していきます。

 第2部では福岡でスタートアップ界隈で活動されている方々にもご登壇いただき、スタートアップやベンチャーキャピタルからのリアルな視点を加えて、より具体的にスタートアップの知財戦略に迫っていきます。またイベントの最後には、ベンチャー、スタートアップ関係者と、知財関係者が直接、話や相談ができるマッチング型の懇親会のお時間も用意しております。ベンチャー、スタートアップ企業、知財関係者ともに「知財戦略」でビジネス展開を考えている方々は、ぜひご参加ください。

登壇者

fuku

QBキャピタル合同会社代表
坂本剛氏
※第1部のみ登壇

1989年九大工学部卒。大手・ベンチャー企業を経験し、2004年から九大知的財産本部において大学発ベンチャー支援を行なう。
2010年に産学連携機構九州代表取締役に就任。2015年にQBキャピタルを設立しQBファンド(約31億円)を組成、九州地域の大学発ベンチャーに投資を行なう。
現職のほか、福岡ベンチャークラブ理事、エディア(マザーズ上場)社外取締役、Kyulux(投資先)社外取締役、ひむかAMファーマ(投資先)社外取締役等を務める。

watanabe

野村證券法人事業支援部課長
野口勝彦氏

1976年生まれ、東京都出身。東京大学大学院卒業後、製薬企業において創薬研究および知的財産業務、特許庁審査第三部において審査業務(審査官)、ならびに法律特許事務所にて代理業務(弁理士)に従事し、2018年より現職。幅広い知的財産業務経験と中小企業診断士としての企業支援経験をベースに金融機関のネットワークも活用しながら、主に成長意欲の高い中小企業の企業価値向上に向けた事業成長支援を行なっている。2019年4月より日本弁理士会 知財ビジネスアカデミー(IPBA)運営委員。

watanabe

株式会社ドーガン・ベータ 取締役パートナー
渡辺麗斗氏

1990年生まれ、静岡市出身。神戸大学経営学部にてベンチャーファイナンスを専攻し、在学中の2012年より「金融の地産地消」を掲げるドーガンに参画、一貫して九州に縁のある起業家への投資業務に従事。コワーキングスペース「OnRAMP」や、起業相談窓口「福岡市スタートアップカフェ」の設立・運営にも携わる。2017年にベンチャー投資専門会社としてドーガン・ベータを立ち上げ、地場企業を主な出資者として迎えた新ファンドも組成。主な投資先はグルーヴノーツ[機械学習]、QPS研究所[人工衛星]、YAMAP[アウトドアApp]、DentaLight[歯科]、ウェルモ[介護福祉]、メドメイン[医療AI]と、多様な領域で投資を行なう。

to

経済産業省特許庁
進士千尋氏

石川県出身。東京大学大学院 薬学系研究科修了。
2006年入庁。審査第三部(化学、医療系)で特許審査に従事。
特許庁国際課、AMED出向を経て、2019年より現職。


※登壇者は調整中になります。予告なく変更、追加の可能性があります。

『スタートアップの資金調達と知財戦略の関係をつくる「スタートアップ×知財コミュニティイベント by IP BASE in 福岡(特許庁ベンチャー支援班)」』
●開催概要
■日時:2019年7月26日(金)
受付開始:17時半 開演:18時 終了予定:21時
■場所:Fukuoka Growth Next
福岡県福岡市中央区大名2丁目6-11
■入場料:無料
■募集人数:一般(起業家・スタートアップ関係者など)30名
      知財関係者(弁理士など)30名
■主催:特許庁 協力:ASCII STARTUP、Fukuoka Growth Next
■内容
18時~18時50分 第1部 資金調達と知財の関係について識者によるレクチャー
19時~19時50分 第2部 知財関係者とVCによるパネルセッション
~21時 ネットワーキング
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking