2019年07月12日14時20分

世界最小最軽量 SIGMA fpを発表会でさわってきた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 シグマは11日、ベイヤー配列のフルサイズセンサーとLマウントを採用したミラーレスカメラ「SIGMA fp」を発表した。「世界最小・最軽量のフルサイズセンサー搭載レンズ交換式カメラ」として、今年の秋にも発売する。価格は現在未定。同時に、フルサイズのミラーレスカメラ専用設計のレンズ3本やキヤノンのEF-Mマウントレンズ3本も発表している。

a
最小・最軽量のフルサイズミラーレス「SIGMA fp」を持つ山木和人社長
sigmafphpy
編集部みやのプロもかなり気に入ったようだ

 SIGMA fpは、同社が現在開発中のダイレクトイメージセンサー「Foveon X3」を採用したフルサイズミラーレスカメラに対して、一般的に使われているベイヤー配列の撮像素子を同社として初めて取り入れたカメラ。Foveonセンサー採用カメラが「静止画」に特化しており、「美しい静止画を撮るために最適なテクノロジーはFoveon」と山木和人社長も強調する。

日常遣いができるフルフレームミラーレス

a
「デジタルカメラの脱構築」を目指し、3つのコンセプトから開発された
a
SIGMA fp

 SIGMA fpが目指したのは「デジタルカメラの脱構築」で、静止画にとらわれず、カメラの新しい用途と使い方を提案するために開発。「ポケッタブルフルフレーム」「シームレス」「スケーラブル」の3点に集約している。

a
a
パスポートより小さいサイズ

 ポケッタブルフルフレームは、本体サイズのこと。フルサイズセンサーを搭載しながら、112.6(W)×69.9(H)×45.3(D)mm、370gと手のひらに乗るサイズを実現。縦横のサイズは「パスポートより小さい」と山木社長はアピールする。

 マウントはLマウントを採用。同時発表されたコンパクトな単焦点レンズ「45mm F2.8 DG DN」と組み合わせることで、レンズをくわえてもコンパクトで、「日常遣いができるフルフレーム(フルサイズ)ミラーレスカメラ」と山木社長は述べた。

a
コンパクトなレンズと組み合わせれば、システムとしても小型だ
a
手のひらに乗るコンパクトなサイズ
a
片手での取り回しも容易
a
本体上部。厚みは少しあるが、フラットなデザイン
a
a
本体側面
a
本体背面。独特のボタン類が下部に用意されている
a
インターフェース類。ディスプレーと本体の間にあるのは放熱のためのヒートシンク

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking