2019年07月02日16時00分

パナソニック、新4K衛星放送を長時間録画できるブルーレイディスクレコーダー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
2

 パナソニックは7月2日、業界で初めて「新4K衛星放送」の長時間録画モードに対応するとうたう、ブルーレイディスクレコーダー「DMR-4W400」「DMR-4W200」「DMR-4S100」を発表した。販売開始は7月19日から。想定価格は9万7200円から。

 新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かで、ダイナミックなコントラスト表現が魅力だという。全モデル共通で、新4K衛星放送番組の視聴、ハードディスクの録画にくわえ、放送画質のままブルーレイディスクにダビングも可能。4K長時間録画モードに対応しており、高精細な新4K衛星放送番組を多く残せる。DMR-4W400とDMR-4W200は、新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載しているので、2番組同時録画ができる。

 レコーダーに記録した写真・動画や音楽をスマホで楽しめる「おうちクラウド機能」を採用。写真・動画にメッセージを付けられるので、大切な思い出を共有できるという。ブルーレイディスクを本体にセットし、設定するだけで、写真と動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できる。

 HDD容量はDMR-4W400が4TB、DMR-4W200は2TB、DMR-4S100は1TB。全モデル共通で3チューナー内蔵。入出力端子はDMR-4W400とDMR-4W200がHDMI映像・音声出力×2、DMR-4S100はHDMI映像・音声出力×1。USB 2.0端子、USB 3.0端子、LAN端子も用意している。

 サイズはDMR-4W400とDMR-4W200が幅430×奥行き199×高さ66mm、DMR-4S100は幅430×奥行き199×高さ60mm。重量はDMR-4W400とDMR-4W200が約2.6kgで、DMR-4S100は約2.3kg。想定価格はDMR-4W400が15万1200円、DMR-4W200は11万8800円、DMR-4S100は9万7200円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking