2019年06月30日15時00分

最新モデルから往年の名車まで大集結の「Porsche Sportscar Together Day 2019」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポルシェデイ

 ドイツの自動車メーカー・ポルシェを日本で正規販売するポルシェジャパンによるファン・カスタマー向けイベントとして「Porsche Sportscar Together Day 2019」が6月15~16日に富士スピードウェイで開催されました。今までは富士スピードウェイ主催の「ワンメイク祭り」のいちコンテンツである「Porsche Experience Day」として開催されていましたが、今年から独立したイベントにパワーアップし富士スピードウェイに帰ってきました。

ポルシェデイ
このイベントで初めて新型911が一般に披露され、購入予約者優先で試乗もできた
ポルシェデイ

 初日は朝から豪雨。本コースで行なわれるPCCJ(ポルシェカレラカップジャパン)のレースは、スタートからゴールまでセーフティカー先導となってしまい、PCCA(ポルシェカレラカップアジア)は決勝レースが中止となってしまいました。

ポルシェデイ
ポルシェデイ
出展エリアはクラシックポルシェ向けのシートや、代官山・蔦屋書店がポルシェ本やグッズを販売していた
ポルシェデイ
ポルシェデイ
クラシックポルシェ向けのエアコンキットを出展していたKOA SPEED。ブースには女優で2016年ARTA GALSを務めた沖舘 唯ちゃんが青空に負けない笑顔でカタログを配布していた

 しかし、2日目は一変して汗ばむ陽気の中で開催され、新世代992型となった911の試乗体験やピットビル裏のパドックエリアでの新旧ポルシェのオーナーズミーティングが行われ終日賑やかでした。

ポルシェデイ
PCCJ。ここからSUPER GTやWECといった上位カテゴリーを目指す若いドライバーもエントリーしている
ポルシェデイ
中国、香港、シンガポール、オーストラリアのドライバーが参戦しているPCCA。カラーリングが派手!

 1日目で満足にレースできなかったPCCJ、PCCA、そして今年からスタートしたPSCJ(ポルシェスプリントチャレンジジャパン)のレースも白熱したものとなりました。PSCJは、サーキット専用車両で行なわれる1dayレース。PCCAと同等のポルシェモータースポーツのサポートながら、短いスケジュールで本格的なレースにチャレンジでき、ここからPCCAやそれ以上のステップアップを目指すドライバーも参加しています。

ポルシェデイ
「718 ケイマン GT4 クラブスポーツ」は2361万9600円(PSCJ向けコンペティションモデル)で販売されており、購入者はPSCJへの参加が義務付けられている。これ以外にも国際レース向けの「FIA-GT4モデル」も2714万400円で販売されている

 今回のPSCJでは、4月に発表されデリバリーが始まったばかりの最新レーシングカー「718 ケイマン GT4 クラブスポーツ」が2台参戦し注目を集めました。

 またポルシェモータースポーツが新たに取り組んだ本格レーシングゲーム「グランツーリスモSPORT」を使った「GT Sport Porsche Esports Racing Japan」のファーストシーズンのオフライン決勝が開催され(バーチャルポルシェ乗りNo.1を決めるeSports大会「Porsche Esports Racing Japan シーズン1」)、幅広い世代でポルシェの魅力を体感できるイベントとなりました。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking