2019年06月14日11時00分

Apex LegendsがWQHDで80fps以上!12万円台と高コスパなRyzen 5搭載ゲーミングPC

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
NG

 ゲーミングデスクトップPCというと、今までゲーミングPCを購入してきている人ならば、大体ミドルクラスのビデオカードを搭載し、WQHD以上と高解像度を選ばない限り、ほとんどのゲームがプレイできるラインは20万円前後、という認識を持っているのではないだろうか。

 PCを購入する際は、予算に合わせて購入するが、PCのパーツの性能について知っている人ならば、最も重要視するPCパーツに予算を割き、できるだけ高性能なモノを選びつつ、優先順位ごとにパーツを選らんでいく。

 では、ゲーミングPCで最も重要なパーツはというと、それはゲームの描画性能に関わるビデオカードだ。今まさにPCを購入したい人にオススメなビデオカードは、レイトレーシングやDLSSといった現在RTX20シリーズのGeForce系ビデオカードで利用できる次世代の機能こそ非対応なものの、価格が抑えられ高い性能を維持した「GeForce GTX 1660 Ti」だ。

 もっと価格を抑えるなら、さらに性能と価格を抑えた「GeForce GTX 1650」などもあるが、たとえば今回紹介するマウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」の「NEXTGEAR-MICRO am550SA3」は、税別12万9800円とひと昔前のエントリークラスのビデオカード搭載機並みにお買い得。今からPCゲームをプレイしたいと考えているならば、より長くPCゲームを快適にプレイできる「GeForce GTX 1660 Ti」搭載機をオススメしたい。

「NEXTGEAR-MICRO am550SA3」の主なスペック
CPURyzen 5 2600(6コア/12スレッド、3.4~3.9GHz)
ビデオカードGeForce GTX 1660 Ti(6GB)
メモリー16GB(8GB×2、DDR4-2400)
ストレージ240GB SSD(SATA3)、1TB HDD
インターフェースDisplayPort出力×3(DisplayPort-DVI-D 変換ケーブル付属)、HDMI出力、USB3.1×2、USB3.0×6、ギガビットLANほか
電源ユニット500W(80PLUS BRONZE)
サイズ/重量188.8(W)×396(D)×400(H)mm/約11.1kg
OSWindows 10 Home 64ビット
直販価格12万9800円(税別)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking